FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

ロシア機…

翼間支柱が8本。大きめの複座偵察機なんですね。やっぱり。
IMG_6509i.jpg
この支柱は長さが合わなくて、多少調整するようでした。しかも何だかブットいです。
ちなみにこのモデルは販売元は知らないけど、Made in China …最近気づきました。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/24 19:25 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機なんだか

複葉機の棟上げを久々に開始した。
IMG_6507i.jpg
変な顔の飛行機なので、変な写真写りであります。

胴体支柱の途中にラジエターが設置してあって、配管なんかもむき出しですね。
IMG_6508i.jpg
上翼下面と下翼上面だけちゃんと塗装してあるので、なんだか汚い感じ。張線やったら上翼をちゃんと塗るという手順です。いつも通りですね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/23 20:20 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機、合せメチャ悪いです

胴体上面(水平尾翼が一体化)を本体に接着しようとしたら、まずエンジンを組み込まなければならに事がわかり、部品に色塗ってプロペラ軸なんかも調整して機首に装着。このエンジンは空冷星形だと思うんだけど、完全な星形にシリンダーが並んでいるわけではない。変な形である。フランスのサルムソンのエンジンということだが、(だからアナ=サルっていうみたい)どうなんですかね。
IMG_6484i.jpg

で、胴体上面を機体に載せてみるが、合せが全く悪いのである。機首部分は隙間ができちゃうし、水平尾翼はざっぱり水平にならない。合わせ目どうしの精度が悪すぎるし、部品の内側のモールドが雑で、ちゃんと安定しないのだ。
IMG_6485i.jpg
あっちこっち削ってそれなりになってきたが、まだもう一息頑張って削らないと、しょうがないかも。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/15 01:57 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機どうなる

 ほとんど10年ぶりに出てきた我がアナトラアナサル。操縦席だけは組み立ててあったので、まずはそれを組み込んでの左右胴体を接着する。ダボとかダボ穴なんか全然ないので、やっとな。みたいな思い切りの良さでやっちまう。
IMG_6461i.jpg
ところが、この胴体、左右で高さが違うんですよ。左側の方が胴体側面の高さが明らかに大きい。これは先が思いやられる困ったキットかもしれない。そもそもコイツ、オーバースケールの疑いがあって、パッケージには1/72とは書いてあるものの、実際のスケールが1/66としているサイトもあって、実際キットの大きさと、ウィキペディアとかインストとかのデータとを比べてみてもややキットの方がでかいのは確かである。

まあ、気を取り直して、次に進む。胴体に下翼を接着する。この飛行機は上反角がないようなのだが、軽く後退翼っぽくなっているので、なんだか左右の翼がダラッと下がっている(下反角)ように見えてかっこ悪い。
IMG_6463i.jpg

しかも、翼と胴体の間に段差ができてしまい、またしても(というか毎回の恒例行事)パテを盛る。
IMG_6462i.jpg
乾くまで先に進めないじゃん。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/09 23:30 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機はどうなの

ロシア機はめったに作らない。今まででは、まず「レベルファイターシリーズ」のI-16を中学校の時に作ったのと、大学の頃にエレールの I-153を作ったことぐらい。ああ、それと、ベレンコ中尉が函館に亡命した時に作ったMig25と、それで調子に乗ってついでに作ったMig23(いずれもハセガワ)があったか。生涯でもそのぐらいしか作ってないな。いや、むか~しのエアフィックスのイリューシン2シュトルモヴィクというヤツも作ったことあったか。これはキットも本物もちっとも可愛げのないやつだった。

で、このロシア機はどうなんだか、やっぱりあまり可愛げのないキットではある。素材のプラスチックはなんだか粘り気がなくてモロモロだし、モールド色の灰色もなんだか暗いというか汚いし。
でも、10年も前からこの状態で放ったらかされているのはちょっとかわいそう。
IMG_6403i.jpg
ちょっと手を付けてみようかと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/06 23:17 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |