FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

言論統制?

学校は3か月も休みになり、 始まるとはいえ普通の生活は当分戻らない。特に私のような音楽教師は影響をもろに受けて、仕事そのものに大幅な変更を余儀なくされている。生徒も学校再開後の音楽の授業にはガッカリするであろう。校務員さんと世話話した時にも、
「音楽嫌いの子供が大勢出ちゃいますね~」
と、(こっちにしてみれば心無い言葉で)慰められる始末。しかしそれはワタシのせいではない。情報を隠蔽して人的交流をストップせずに危険なウィルスを世界中にばらまいたどこかの国が悪いのである。で、せめてもの腹いせに、学年だよりの文言に、ちょっとした言葉を入れて起案しといたら、なんと赤が入ってやがった!
IMG_6511i.jpg
まあ、このまま発行すれば多少角が立つかもしれないのは想定できるのだが、それにしてもかの国の恐ろしさは、最近では看過できない状況である。今回のコロナ隠ぺい問題はもとより、尖閣もそうだし、虚構の南京虐殺もそう、どこでもかしこでも、やりたい放題・嘘つき放題。そういう問題意識をわれわれがしっかり持たなければいけない国家危急の時なのに、こういうちょっとした言論統制(おそらく朱を入れた本人はそうとは思っていない。ちょっとした違和感を感じただけのことなのである)が積み重なることで、問題の焦点がうすぼけていくことには恐怖を感じる。
日本、このままでいいのか?
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/05/30 23:30 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

9月新学期っての、やってくれないのかい

とりあえず、今のところの予定では、わが県では6月1日(月)に学校の授業を再開させることになっている。そして、第2第4土曜日は半ドンの授業。1学期の終業式は8月7日。2学期の始業式は8月18日なんだって。そして、それでも授業時数は大幅に足りず、いろんな行事を中止にする方向だそうな。まあ、ウチの市の小中学校は校舎にに冷房が入るから、夏休み返上でも環境そのものにそれほどの問題があるとは思えないが、もう何も言えませんね。

無理しないで9月新学期を導入すればいいのに。東大なんか、優秀な学生が卒業を待たずに海外に流出しているんだって?やっぱり今の時代はグローバルに考えていかないといけないと思いません?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/05/11 23:18 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

休校延長!

 何と驚きの「緊急事態宣言」!って、今更びっくりするほどのことでもないか。遅きに失したという声も大きいし、健康と経済のどっちを取るかで政治家が悩んだ末やっと、というところなんでしょねってなもんで、俺らの周りなんかも、は~やれやれ、ぐらいのものだな。しかも、記者会見の話きいてても何言ってるか方向性がよくわからないし。
 で、結局のところ、中学校の臨時休校が5月6日まで延長されてしまった、ということですよ。でも、明日の入学式はちゃんとやるらしい。誰だか新入生の保護者から
「こんな時に入学式とはけしからん!うちの子供は参列させない!」
というお怒りの電話も入ってきたそうだが、まったく御尤もであります。強く共感いたします。
でもまず一応、クラス発表の名簿だとか、生徒手帳のナンバリングだとか、配布する教科書の仕分けとか、学年通信学級通信そのほかの原稿づくりに印刷とか、当日の段取りについての打ち合わせだとか、教室の整美だとか、入学式の会場設営だとか、校舎全体の掃除だとか、多岐にわたる明日の準備は粛々と進み、気づいてみるとはや20:00。ブラックすぎるこの職場。それをいやな顔一つせずこなしていく先生方。絶対おかしい。書き入れ時だから特定の時期は仕方ない、と思っておこう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/04/07 21:09 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

嘘つきどもめ

 十日ぐらい前、中1テニス部男子が、サーブを打とうとしてうっかり手にラケットを当ててしまい、保健室に来て、腫れてるし、骨折れてるかもしれないから、というので保護者に連絡して病院へ・・・という騒ぎがあった。まあ普通の日常風景だな。
 ところが、夏休みに入ってから三者面談が始まると、状況が一変。ほかの生徒からの情報が続々と入り始め、その時実はもうひとりの生徒と喧嘩をしてラケットで殴られて怪我をしたというのだ。なにやってるんだよ!
 しかも、その時に、当事者同士で話し合いをして、自爆事故ということにして黙っていよう、ということになったらしい。その話し合いの様子まで目撃されていて、一部始終が明らかになってしまった。結局部活の顧問と担任が改めて事情を聴いたり保護者の家に謝りに行ったり。
 この二人はもともと仲が悪く、会えば喧嘩まかりしていて、中学に入ってからも衝突していたことから、親からも先生からも
「お互いかかわるな」
と指導されていたのに、喧嘩したということはかかわったわけだから、バレたら叱られるだろう、それは面倒くさい、ということで二人の利害が一致した、ということらしい。最初から本当のこと言っとけば一度で済むのに、こんなところだけは手間かけやがって!

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

【 2019/07/25 16:35 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

期末テスト二日目

学校休んだ。爆睡した。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2019/07/03 22:07 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

期末テスト初日

あるクラスのバカ3人がカンニングして、教頭に説教されて泣いた。どうせ劇団ひまわりでしょう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2019/07/02 21:04 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

日々

今日からT先生が手術で入院、一週間休み。
「朝学習会に、クラスに付けないから見てください」
と担任の一人が言ってきた。なんでこんな時に挨拶運動?期末テスト期間じゃん。くるっている。Wが登校を渋って一時間目バックレた。期末テスト作っていて、帰るの遅くなった。るーぱんのピザを買った。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2019/06/28 21:00 】

どっちかというと業務日記  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

日々

水泳の監視させられた。5時間目もさせられると思っていたら、いつの間にか2年3組の授業をもらったことになっていた。教科書展示会に行った。今年は改定すると思って楽しみにしていたら、3年前の奴でガッカリした。時間無駄にした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2019/06/27 20:54 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

日々

雨。学校まで送ってもらった。国立音大の感想を集めた。普通に授業した。何か、ヒマない。職員会議の前に部員に指示出した。会議の司会させられた。お迎えを待たせた。川越の業務スーパーへ行って、買い物をした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2019/06/24 20:51 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

マジで感動の卒業式

今日は卒業式だった。卒業式といえば、一番問題になるのが君が代・校歌をはじめとする音楽、というか生徒による合唱だ。毎年毎年イライラさせられるんだよ、これが。しかし、今年は練習の時点からけっこう周りの先生方特に学年主任が
「今年の歌はうまいなあ」
なんて言ってくれていた。
はっきり言わせていただきます。歌が上手いのは、音楽の先生の教え方が上手だからです。生徒の、その年その年によっての偶然の産物ではありません。でも、それを言うと、嫌われるんだよなぁ。本当に日本人の会話は難しい。特に学校の先生の文化は、自分の能力を徹底的に卑下しなければならない。私なんか取るに足りないクズですゴミです、と言っていれば万事丸く収まるのだが、ちょっとでも能力をひけらかすような言動はトラブルを好んで巻き起こすようなもの。今回も、オレは大人だから、
「オレの教え方がうまいから」
なんて一言も言わなかったよ。だが、もう一つ重要なファクターがあって、それは生徒が素直なこと。これは指導者の指導をそのまんま受け入れる下地ができている、ということで、学力向上に直裁に響く大事な躾の一つでもある。この学校はそれができている。だから、コッチが思ってるよりずっと合唱が上手くなった、ということもある。それと、合唱祭なんかの時に、自分が合唱好きでクラス合唱の指導もできる、と思い込んでいるバカ教師が生兵法でオレの指導に横槍を入れてくるみたいな事故がなかったことも有利に働いた。

で、本番。まずは君が代だが、これはまあそれなり。せっかく指導しても教師や保護者も一緒に歌って、ぼやけた歌になるからね。だがそのすぐ後の校歌は凄かったぞ。俺は生徒の前で指揮をして、最初のワンフレーズだけで
「なんだこりゃ」
と思わず口走ってしまい、笑っちまったよ。だってあんまりにも上手なんだもん。声は大きいし、発声は明るいし力強いし。これって「校歌斉唱」の理想形ではないの?ね、皆さん、そうでしょ?どう思うよ?と思わず道行く人にまで声をかけて聞きたくなるような校歌斉唱だったじゃないか。俺はもう十分満足だわ!
で、式が無事進行し、最後の場面で3年生の合唱「旅立ちの日に」、そして最後は全校合唱で「そのままの君で」と2曲続けて、最後は教頭先生の「閉式の言葉」となったが、ここで今回の最大のハプニングが発生した。まず、教務主任の司会で「閉式の言葉」とアナウンスするのだが、なんだかその声に乱れが生じているように思えたのだ。あれ?もしかして泣いてる?と思ったら、なんと、そのあと登壇した教頭先生が涙で声が詰まって、閉式の言葉が言えなかったのである!ホント、こんなことってあるのだろうか。俺は思わず舞台袖でガッツポーズ!これは完全勝利の瞬間だ。音楽の力を思い知ったか!と、誰彼構わず叫びたかったぞ!もちろん、オレは大人だからそんなこと一言も漏らさなかったよ。でも、どこかで吐き出さなければストレスが溜まるってなもんで。
イヤ〜それにしてもいい仕事した後の晩酌は美味いじゃないか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2019/03/15 23:24 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫