FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

烈風11型

烈風11型を完成させた(ことにした)。なかなか物々しい感じになった。
IMG_3154i.jpg

ものすごく大きな飛行機、って感じです。ゼロ戦とツーショットを撮ろうと思って忘れたけど、ゼロ戦って本当に小さい。(コイツと並べると。)大体からして、P47サンダーボルトよりもでかいって、どうなの。巨人機ですよ、もはや。「雷電」みたいに中央部に直径の一番大きなところを持ってくる設計思想もあるらしく、でかい飛行機が一層膨らんで見える。
IMG_3155i.jpg
(塗装はムラだらけだけど、気にしないでね。いい加減なモデリングですから。)

この角度から見ると、紫電改に似てなくもないが、更に頑丈そうな足回りとか、馬鹿でかい落下増槽とか、空母艦載機としての正しい血統を感じることは一応できる。
IMG_3156i.jpg
 
 ゼロ戦と違って、完全な低翼じゃないんですね。
IMG_3157i.jpg

全体的なプロポーションは、やっぱり「頭でっかち」に見える。軽い逆ガル翼もなんだか物々しい。翼面積は97艦攻ばりに広く、翼面荷重とか運動性能・上昇力と他のいろいろとのバランスとかに苦慮した挙句、こんなんなっちゃったのね、というのが見て取れて、それはそれで痛々しいのであります。
IMG_3159i.jpg

 次は、やっぱり衝動買しちゃった「流星」いってみようかと。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/27 23:03 】

A7M(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歪んだデッサンのスーパーゼロ戦

やってます。
今回はマーキングは日の丸だけで、手書きで行こうかと。白で丸い下塗りをしましたよ、と。「試製烈風」じゃなくて、「烈風11型」なので、実戦配備されたらどんな顔になっていたのか、そういう興味を形にしてみたくなったのです。日の丸も「彩雲」を見習って、ちょっと小さめのフチなしでいってみようかと。
IMG_3136i.jpg
でもこの飛行機、格好良くない。
 この飛行機を見ていて思うけど、烈風って、本当にでっかい。緒戦の夢よもう一度、という思いもあったんだろうけど、烈風は烈風であって、「ゼロ戦の再来」ではない。最近、平成のゼロ戦とか、なんちゃらのゼロ戦とかいうキャッチフレーズの飛行機の話が聞かれることがあるけど、あんまりいい傾向とは思えないね~。何でもかんでも何か過去にあったものになぞらえるのって、本質を隠してしまうんじゃないかって感じる。ものを作ってる技術者だって(これはゼロ戦なんかじゃない!俺にはこだわりがある!)みたいな自負心があるはずなのにそういう心を尊重してないようにも感じる。
蒸気機関車が引退する1975年前後にも、猫も杓子もSLだSLだって言っててさ。ちゃんと「蒸気機関車」って言えよ、っての。そうこうするうちに結局、今じゃレールのうえを走るものはすべて、貨物列車でさえも含めて「電車」だもんね。言葉にこだわらなければそういう風になっちゃうんだよ、きっと。嫌だね。)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/17 23:15 】

A7M(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

スーパー零戦の夢

何やら衝動買いしてしまった烈風を開始してしまった。どんどん不良ストックが増えていく一方だ。いったいどうしちゃったのか。自分自身でもよくわかりませんって。
ということで、ゼロ戦の後継を目指した艦上戦闘機「烈風」ですね。ファインモールドのキットですが、これ、実機同様かなり大味なキットのようだ。
IMG_3056i.jpg
そもそも主翼や尾翼の角度がようきまらない。

どうにかこうにか士の字にしてみたところが、機体下部にとんでもない隙間が生じてしまった。タミヤのパテで埋めようかと。
IMG_3058i.jpg

なんやかんやでエンジンも組んで首を据えてみる。
IMG_3059i.jpg
でかい飛行機である。P47サンダーボルトよりも大きいんじゃないか。もし「誉」の生産がうまくいってて調子もよくて実戦配備されて空母に搭載されたとしても、日本のパイロットがこんなでかい機体を「戦闘機として」操ることができたのだろうか。

何はともあれ、機体の塗装に入る。
IMG_3061i.jpg
うまく完成まで持ち込めたらお慰み。である。何しろここから先はランディングギアなど面倒な部品の処理が開始される。マーキングも今回は全部手書きで行ってみようかと、丸のステンシルを用意してしまった。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/14 00:08 】

A7M(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |