FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

AlbatrosD.III 完成だ!

久しぶりに第一次大戦機を完成させた。
IMG_3011ii.jpg

上翼中央部が何やら盛り上がった感じになってしまって、ちょっと実感が薄いですが…
IMG_3016ii.jpg

操縦席回りなど、しょうもない状況。やっぱりローデン、つらいわ~。とメーカーのせいにする(情けない)。
IMG_3017ii.jpg
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/14 00:23 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI14年越しお年賀モデリングその7

完成しました。

デカールは心配したけど、「リキッドデカールフィルム」を事前に塗っといたことで無事作業が進みました。
IMG_3010ii.jpg

ドラゴンのパーソナルマークがチャーミングです。
IMG_3012ii.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/13 23:54 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI14年越しお年賀モデリングその6

老眼なので、やっぱり大変なのは、プロペラですね。
IMG_3006ii.jpg
何しろドイツ機のプロペラは縦にスジが何本も入るので、最後に残った難関みたいな感じであります。
IMG_3007ii.jpg
でも、これでとにかく組み立てと塗装がみんな終わったので、マークに入れる。デカールが心配だ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/12 23:50 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI14年越しお年賀モデリングその5

ここまでできればあとは最終工程。主脚などを組み立てて、色なんかもいい加減にしといたところをちゃんとやる。
IMG_3003.jpg


IMG_3002i_201701132356553ce.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/12 06:00 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI14年越しお年賀モデリングその4

上翼を組めたなら次は張線ですね。
IMG_3040i.jpg
この飛行機の場合、一か所の穴に二本のワイヤーを差し込まねばならない場所が多いので、どこの線を先に張るか、どこにテンションかけるかなど、少し工夫が必要である。

ちょっと上翼の上反角が詰まりすぎてるか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/10 23:00 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI14年越しお年賀モデリングその3

今までお年賀モデリングでは、できるだけ単葉機にして、複葉機は大変そうだからやめてたんだけど、まあお題がお題でこれになったんだから仕方がない。それで、とにかく上翼を組み立てなければならない。そのためには、胴体やら下翼やらしっかり塗装をしなければ。
IMG_3022i.jpg
ということで、胴体はナチュラルウッド、翼上面は緑と紫のカモフラージュ柄。というか二色。
IMG_3021i.jpg

なんだか歪んでしまったような感じだが、ともかくその、棟上げ式を執り行う。
IMG_3024i.jpg
どっちみち貫通式で張線を張るので、上翼上面はちゃんと塗っても無駄だから、適当に着色しただけです。
IMG_3026i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/07 12:44 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

年越しお年賀モデリングその3

主翼はすんごいバリの中に沈んでいるのを削り出していく、という望外に幸せな作業を繰り広げていきます。もちろん主翼だけではなく、すべての部品について言えることなんですけど。しかも、この主翼、ガイドとかも全然なくて、三つの部分をすべて芋付けでくっつけていきます。もちろん、断面は合ってないので、妥協できる最良の位置を決めて接着するのです。
IMG_3004i1.jpg

下翼もダボ穴が「穴」じゃなくてでっぱりだったりするのを加工して、何しろくっつける。なかなか飛行機的な格好いい形にはならないけど、こっちはすべて「目分量」。一円玉をスペーサーにして、上反角を出そうかというむなしい努力を、やる。
IMG_3007i.jpg

で、やっとここまでたどり着いた。
IMG_3015i.jpg
まだまだ一波乱もふた波乱もありそうだが、こんなペースで松の内に終わるのか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/04 01:54 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

年越しお年賀モデリングその2

あけましておめでとうございます。
と、誰にでもなくつぶやきつつ、朝起きてペットの犬猫どものトイレの始末をして、まず始めたのは部品の洗浄。やっぱり、ローデンともなると、離型剤を洗う作業は絶対に欠かせません。
IMG_3002i.jpg
で、それからランナーに付いたままの部品に軽く着色しちゃう。

さて、そこからはサクサク進むと思ったら大間違いで、わかってはいたのだが、やっぱり!!
ランナーから部品を外す。
バリとかパーティングラインを削り取って成型する。
合せを確認する。
という面倒な作業に時間を取られる。
IMG_3003i.jpg
やっとのことでエンジンを組みました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/01 13:33 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

DONNAMONDAI14年越しモデリング今年もやるぞ

ここ数年、参加している「年越しモデリング」でありますが、今回はどうしようか、と思ったら、干支の酉にちなんで鳥にかかわるお題で、ということだったので、ストックの中から、関係あるやつを探してみると、この二つがピックアップされました。
IMG_2999i.jpg
すなわち、アホウドリと不死鳥。どっちにするか長考していたのだが、結局部品の雰囲気が難しそうな不死鳥(PoenixDC.I)は後回しにして、アホウドリ(AlbatrosD.III)にすることに。

しかし、相変わらずの手際の悪さで、
「さて、やるか」
と思った時にはすでにあと2時間余りで来年になろうかという、こんな時間になってしまいました。
IMG_3001i.jpg
しかも、晩飯の時に飲んだスコッチが効いちゃって、これ引っ張り出して、久しぶりの作業のために道具をかき集めてきたらもう力尽きてしまった。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/12/31 23:20 】

AlbatrosD.III(Roden)(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |