FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

もう、これで、完成。です(東海)

ここ何日か、もさもさやってるうちに、昨日の真夜中ごろになんだか作業が終了してしまったみたいで。
つまりこれにて完成?だ?
IMG_2864i.jpg
このキットのデカールは、古いせいもあってか、何やら扱いが面倒くさい。いつまでたっても台紙に水が回っていかないし、かといって放っておくと台紙から本体が浮いちゃうし。で、味方識別帯の黄色のデカールは貼り損ねてくしゃくしゃになってしまって、仕方なく塗装になってしまった。で、主翼上の黄色の斜め線も不安になってしまって、急きょ手書きに。実は爆弾の塗装が面倒くさくて、まだ装備していません。

最初のほうの記事にも書いたが本当に何やら不格好な飛行機でございますね。
IMG_2865i.jpg
それにしても、防御武装もないに等しい、最高速度300㎞そこそこのこんな飛行機でノタノタと潜水艦の哨戒なんかしていて、アメリカ軍の戦闘機に襲われて未帰還になったパイロットは、どんな思いだったんだろうか。と想像できてしまうような、秀逸なキットではあります。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/10/22 23:11 】

対潜哨戒機東海(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東海その5

主脚を組むと、一気に完成に向かって進んだ気がしてきます。この飛行機はお尻が妙に長くて、着地した状態での迎え角が妙に浅い。
IMG_2851i.jpg

変に大きく前につんのめった印象のコックピット部分、エンジンの直径に対して妙に短い脚。やっぱりアンバランスな感じのする飛行機ではあります。
IMG_2852i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/10/03 21:50 】

対潜哨戒機東海(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東海その4

何もやってないようでも、いろいろ細かい部品とかも進行させています。
IMG_2833i.jpg
尾輪とかエンジンとかキャノピーとか。そうそう、今回味方識別帯の黄色をデカールでやろうと思ったのですが、貼り損ねてやっぱり塗装での表現となってしまいました。今まで、どういうわけか、ここだけはデカールを使わなくて、塗装でやっています。今回初めてチャレンジしたつもりだったのですが、やっぱり慣れないことはうまくいかないです。(がっかり)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/09/23 23:56 】

対潜哨戒機東海(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東海その3

対潜哨戒機「東海」ですが牛歩です。
一応機体に色を塗りましょう。
やっぱりここは、昔ながらのこれがいいと思います。ミスターカラー№15。いかにも海軍機、ってイメージですからね。でも、これ、顔料に少し茶色も入ってるんだね。塗っちゃうとわからないけど。現行のを買ってきたけど、中学の時に買ったやつ(写真左)がまだ残っていて、十分足りた。
IMG_2799i.jpg

いつものように筆塗りで、薄めて何度も上塗りします。
IMG_2797i.jpg

機体下部はいつものお約束の明灰白色ミスターカラー№35。
かなり見慣れたカラーリングになりました。
IMG_2798i.jpg
いい感じだ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/09/11 01:14 】

対潜哨戒機東海(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

順当に組む

士の字に組みました。ちょっと上反角が少なく感じますが。
IMG_2788i.jpg
不格好な飛行機ではあるけど、やっぱり飛行機の格好になってみると美しい。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/08/29 09:04 】

対潜哨戒機東海(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

なぜこれほどに

 中学だか高校だか忘れたけど、いつものように本屋で「丸」を立ち読みしていたら、見るからに不格好で、性能悪そうな双発機の写真特集みたいなのがあって、すごく驚いた。しかも大戦末期の昭和20年という説明がついている。なんじゃこりゃ。
 それまで、大戦機と言えば、ゼロ戦とか疾風とか、先鋭的なかっこいい飛行機ばかりしか見たことなかったので、かなり衝撃的だった。変に車輪がでかいわりに脚が短く頭でっかちでデッサンが狂ったユンカースJu88みたいな、いい加減な機体。

その双発機がこれだ! ↓
IMG_2783i.jpg
なんと「対潜哨戒機」というジャンルの飛行機なんだそうな。へ~~。そういうのがあるのか。と思ったものです。で、ずーっと頭の隅に引っかかってたので、キットを買ってしまいました。かなり昔に。たぶん20世紀の末だと思います。つまり、それからもずーっと20年ぐらいストックになっていたんだと思う。

 それを、なぜか今頃になって出してきました。思えば私もいつの間にか『アラカン』といわれる年代になり、ストックもさっさと作ってしまわないと寿命が尽きてしまいますよ。もたもたしてはいられません。ということで、まずは大きな部品をランナーから切り離してみる。主脚を収納するところのふちが古いエアフィックス並みに異様に分厚くて、びっくり。削りました。
IMG_2784i.jpg

 次にコックピットを組み立てる。古いキット(といっても私的には新しい部類。そもそもファインモールドって自体がニューフェイス)にしてはいろいろ細かくて大したものである。現代の考証とはだいぶ違っているかもしれないけどいい加減に着色して何しろ組んでしまいます。
IMG_2785i.jpg
いつもながらにしょうもないモデリング。
【 2016/08/27 23:07 】

対潜哨戒機東海(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |