FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

はしごというか階段

上甲板にいろんなものを載せて部品の入っていた箱だとかパーツを切り取った後の端材だとかをじゃんじゃん捨てていく。とにかくゴミの中に部費が隠れているようなもので、それを宝探しのように掘り当てては形を作って本体に載せていくのだ。

船長室の両サイドにあるはしごも、一段ずつ組み立てて、エッチング製の(なんか薄っぺらいが)手すりをくっつけた状態にしてから、取り付ける。ついでに最上甲板の手すりも組む。
IMG_1808i.jpg
かなり実感的になって来たではないか。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/10/09 20:15 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

救命ボート

帆布で覆われたボートを作って、積載する。ボートは特に組み立てるわけではなく、プラスチックの一体成形。その上に付属の厚紙(プラカラーで着色)を切って貼り付けて、エッチングパーツのオールを乗せ、駅弁のごとくにタコ糸で結わえて完成。なんだかお手軽である。
IMG_1804i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/10/02 20:08 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号久々に進展あり その4

ついにマストの部品が登場した。すべて丸棒、円柱材である。とはいったい、どういうことか。
IMG_1800i.jpg
本によると、この棒一本一本にやすりがけをして、先に向かってテーパーをかけなければならないらしい。
は~~~?
どんだけ人に迷惑かければ気が済むんだっちゅうの!そんなの無理だわ~!

で、ちょっとへこたれて、マストの途中にある見張り台を組み立てて、残りは後回し!
IMG_1801i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/09/27 02:18 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号久々に進展あり その3

超面倒くさい工程に突入。上甲板の大砲を固定しなければならない。以前組み立ててあった12門の砲とタコ糸を準備し、取りかかる。
IMG_1793i.jpg

片側にとりあえず乗せてみる。というより、これは車輪を甲板に接着剤で固定してしまおう。
IMG_1794i.jpg

次に、下の甲板につけたのと同様に、一門一門ひもを結んでいく。我ながら緻密な作業である。
IMG_1795i.jpg

どんどん進めちゃったので、12門とも固定し終えた。案ずるより産むが易し。
IMG_1796i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/09/26 20:07 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号久々に進展あり その2

 船尾周辺の装飾がいろいろあるので、それをやる。細かくパーツ分けされているので、それを指示に従って貼り付けていくだけなんだけどね。相対して面倒な仕事ではない。だが、あきれたことに、左右対称であるはずのパーツが2対あるはずなのに片側だけパーツが4個セットされているというミスが判明。出版社に問い合わせたところ、
「すでに絶版で対応できません。」
とのこと。そりゃそうか。何しろ、2年も前に配本された部分をやっているのだ。今更なんだ!ってところかも。でも、模型作りは長期戦なんだよな~。そういうユーザーがいるのも想定して、出版社も企画を立てるべきだと思うんだけど。
やむを得ず、上下をひっくり返して強引にやらかしちゃうことにした。どの部分かわかります?
IMG_1787i.jpg
後で、ネットで他の作品を当たってみたら、ここの部品はかなりの確率でいい加減なセットの仕方をしているらしいことが判明!ホント、いい加減だわ~。

次に、船長室の張り出しの支えを兼ねた、装飾の女体像を貼り付ける。こっちは船体の傾きとか、そういうのに頭とつま先の部分が対応していないので、イモ付けの部分も多く、アロンアルファとセメダインスーパーを同時に使う方法で何とか固定した。
IMG_1788i.jpg

さらに、柱と柱の間に小さい装飾を接着する。
IMG_1790i.jpg

そして、でかいぼんぼりも三個、船尾に設置。
IMG_1798i.jpg
薄い船縁にドリルで穴を開けるのがうまくいかず、取り付け角度がバラバラになってしまった。キットもいい加減だが、制作者もそれに輪をかけていい加減なのだ。
【 2015/09/25 20:37 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号久々に進展あり

何ヶ月も放ったらかしだが、忘れていたわけではない。というのはいつものことだ。というか、前回の記事のあと、ちょっとずつ進めてはいたらしいのだが(本人も忘れている)、その記録をとっていなかったのです。

なにやらホワイトメタルかダイキャストかの部品に色を塗る。
IMG_1791i.jpg

続いてそれを舷側の内側に貼り付ける。これにいちいち糸を結んで、とかいうことになるとめんどうっちいな~、などと思いつつ。
IMG_1786i.jpg

船尾のでかいぼんぼりを組み立てる。部品そのものがゆがんでいるし、本体が6面にもかかわらず、枠は7面になるように作るような指示がある。めちゃくちゃというべきであろう。でもまあ、そのまま組み立てる。
IMG_1789i.jpg

組み立てたら色を塗る。いい加減モデリングなので、内側の素材に色を塗らないで、外側だけ塗ることにする。ちゃんとやってる人はLEDなんかを使って、ちゃんと点灯するようにしてるんだよな~、などと思いつつ。
IMG_1792i.jpg
【 2015/09/24 01:28 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号

 ちゃんとやっている、といいたいところだが、実際に作業できるのは何日かに一回のみ。
 一応、船長室の屋根と側壁を組み立て、最上甲板?の壁も組んだ。(6月4日)
IMG_0610i.jpg
つまり、船の格好そのものがほとんど姿を現したと言うことになる。
IMG_0611i.jpg
後ろから見ると、まだ心許ない様子である。マガジンを先読みすると、この上にさらに表板を張り付けることになっている。まだまだやっかいな作業が続くということであろう。
IMG_0612i.jpg

船長室の屋根(最上甲板?)も、板張りである。しかも今回は妙に小さな穴が多くて、それをよけて板を張っていくのが変に面倒くさい。(6月13日)
IMG_0614i.jpg

 一応全部貼った。(6月16日)
IMG_0629i.jpg
 次は、上甲板に大砲を据え付けるための金具を埋め込まなければならない。つまり、またもや0.8mmの穴を大砲一門あたり5カ所、全部で60カ所も開けることになる。いい加減ウンザリですわ!
【 2014/06/17 22:26 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号

船長室を作った。
IMG_0601i.jpg

船尾から船首方向を望む。テーブルと椅子、本棚?に地図の山、奥の方には大砲も。
IMG_0602i.jpg
ここまでで75巻まで完成。

ついに最終刊が家に届いた。第135巻。そして、船の模型を飾るケース2万円也の購入案内付き。最後までびっくりでした。
【 2014/05/29 23:12 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ブラックパール号は続くよどこまでも。

 甲板の板張りをやる。こんなもん、気合い入れて一気にやっちゃわないといやになっちゃうからな。(5月5日)
IMG_0505i.jpg

 結局終わらせちゃった。時刻は深夜1時頃。連休最終日でございます。(5月6日)
IMG_0506i.jpg
 船というものは直線は少なく、甲板の平面形も当然真ん中が膨らんでいます。その形に合わせて板材を切り刻む。職人技ですな。(嘘です。)
IMG_0508i.jpg

ついでに、船首甲板も板張りをする。この時点ではまだボンドが乾いてないので、形を整えていません。
IMG_0507i.jpg
(後でやりました)

いよいよ船長室の作業に入る。派手な赤の内壁をつけ、家具なんかも配置してみる。大砲は、他の大砲に比べて小さいサイズです。
IMG_0536i.jpg

最後尾の窓がついた壁も思い切って接着した。どうなるかと思ったが、意外にあっさり所定の位置にくっついた。(5月14日深夜)
IMG_0537i.jpg
 次は、この船長室の天井を組み込まなければならない。とりあえず天井の部品(板)を仮に置いてみたら、全然寸法が合わないことがわかって、ちょっとショック。飽くなき現物あわせが待っている。
【 2014/05/16 01:09 】

ブラックパール号  | コメント(1)  | トラックバック(0)  |

一周年記念!いよいよ上甲板の方向へ

 このブラックパール号について、記述が始まったのが昨年の昭和の日。つまり一年が過ぎた、ということになるが、まだまだ先が長そうだ。
 しかし、ともかく、いよいよ上甲板である。4枚に分割された合板を梁の上に張る。左舷後部の板だけ色が塗ってあるのは裏表を間違えて天井の色を塗ってしまったのである。そういうのばっかり。(4月16日)
IMG_0469i.jpg

 さらに船首の構造物についても天井板を張るが、ここで驚きの作業が! すなわち、最上甲板の仕上げはいちいち細い板を張り付けて面を構成しなければならないのである。ありゃま~(4月28日)
IMG_0484i.jpg

一方、船尾の方向は船長室の壁だけ取り付ける。なんだか廃墟風である。(4月28日)
IMG_0485i.jpg

 黙々と貼り付けて終了させる。(4月30日)
IMG_0486i.jpg

船縁の板を張ったり削ったりして形を整える。実はけっこうやっかいだった。この後、船縁の内側は黒く塗った。(4月30日)
IMG_0487i.jpg

 船長室の床は板張りではあるが、紙に印刷したヤツを切り抜いて貼るだけのお手軽工法である。カーペットもついでに切り抜く。(5月1日)
IMG_0493i.jpg

 切り抜いたヤツを貼る。全然どうってことない作業。(5月1日)
IMG_0494i.jpg

 デッキの方はそうはいかない。全部一枚ずつ木の板を張っていく。下甲板や中甲板、船長室は室内だったから紙の印刷で、外側に露出する部分はこうなるってワケね。たまりません。(本日)
IMG_0501i.jpg


 元々プラモデルのブログだったはずが、全然違った方向に向かってしまっている。これ、いったいいつできあがるのであろうか。そして、埃をかぶるままとなったストックの、我がクラシックプレーン達はどうなる?!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/05/03 23:31 】

ブラックパール号  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫