FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

やっとできあがった零戦

 先日入手した、「台南空エース」と題するデカールのおかげで、あっという間にできてしまった。よかったよかった。
IMG_0959i.jpg

 ピトー管は、なぜか部品と呼べるような代物ではなかったです。A-modelsみたいなメーカーにありがちのただの棒。どういうことなんだか。それっぽく削ったけど、まあ、それなりですね。ちゃんとやる人はディテールアップパーツなんかを使うんでしょうけど、こっちは、まあそれなり。
IMG_0963i.jpg

日の丸とプロペラ先端の赤線までは手書きしたんだけどね。やっぱり「文字」はハードルが高かったです。落下増槽の凸モールドが目を惹いちゃいます。よく見ると妙にアンバランスなキットと言えましょう。
IMG_0961i.jpg

見るからに台南空です。かっこいいです。うう
IMG_0965i.jpg
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2014/08/10 23:50 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お買い物

エアフィックスの零戦21型がずっと頓挫しているのは、要するに尾翼のナンバーが手書きできないからである。適当な資料がネットに意外なほど落ちてなかったり、ちゃんとした字体で描けるかどうか自信がなかったりして億劫になり、かといって手書きするって言っちゃった手前もあるし、で結局そのまんまに放置されていた。このままでは単なる未完成品が増えるだけ。自分のスタイル(趣味に関しては、できないことはしないで済ます)にも反することになる。

(いいわけが長いね)

ということで、何となく気にしていたら、ヤフオクでこんなの売ってたので、買っちゃいました。送料込みで944円。
IMG_0945.jpg
やっと仕掛品の零戦が片付く時が近づいたのだが、同時に、他にも21型を作ってみようかな、という気にもなってきちゃったので、困ったものです。とにかく、売ってる零戦のマーキングはみんな艦載機ばっかりで、ラバウルみたいな基地航空隊のデカールってないんだよな~、と思っていたところだったからね。欲しいな~って思っているものが時を待たずに世に現れる。よい時代になったものです。
【 2014/08/04 01:30 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

至高のゼロ完成(というより台無し?)

残っていた細かいデカールを適当に貼り、適当に省略して、アンテナとピトー管と機関砲を組んで、完成!ということにした。
DSC_0926s.jpg

マーキングは、なにやら終戦時に残存していたラバウルの飛行機だそうだが、脚カバーとか機関砲とかないはずなのを全部あることにして、しかも塗装のはげたのも省略!要するに「2-182号機の新品だった時期の姿」というフェイク作品、ということになりますな。
DSC_0927s.jpg

どうも、しっくりこないんだよな~このゼロ戦。妙にゼロ戦らしくない、となぜ感じてしまうのだろう。ゼロ戦以外の何者でもないのに。
DSC_0928s.jpg

ゼロ戦ですよね~。どう見ても。
DSC_0929s.jpg

プロペラの黄色塗装も、「新品時代」ということで、やっぱりフェイク。
DSC_0930s.jpg

結局、「至高のゼロ」のキットを一つ台無しにしちゃいましたね。最初から予想されたことでしたけど。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/28 01:11 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ゼロ戦、牛歩その2

デカールを貼り始めた。ファインモールドのデカールは質が良くて好きである。でも、こんなにたくさん面倒なステンシルをいちいち貼っていくのは正直大変である。大きなものは貼っちゃっが、数としてはまだ半分もいってないかも。
DSC_0921s.jpg
それにしても、牛歩である。昔、ゼロ戦を工場から飛行場まで運ぶのに、牛車を使ってゆっくり壊さないようにして移動させていた、というが、こっちの工作が先へ進まないのは単に億劫なだけである。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/17 00:57 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ゼロ戦、牛歩

残すは機関砲とピトー管とアンテナ柱だけとなりました。塗装は窓枠とか。とにかくちょこっとやっては一週間あけて、みたいな鈍いことをやっているので。
DSC_0919s.jpg
でも次からはマーキングに入ろう。
21型(エアフィックス)の方も、その状態ですでに半月投げてあります。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/15 06:08 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

こんな時だというのに!いや、だからこその破滅的行動

しばらく放ったらかしだったゼロ戦だが、ゆうべ久しぶりに箱を開け、脚とか細かいところをやってみた。
DSC_0912s.jpg
どうも至高のゼロの方がほっそりして華奢な感じがする。エアフィックスの方がぼってりしてるのか?どっちかよくはわからないが、、いよいよマーキングの工程に入ってきたか、というところである。

 それにしても、おととい発熱で休んだことで、本職の方は破滅的な状況に陥っている。やること山積だというのに、こんなことやってていいのか。あとが恐ろしいぜ。だが、精神が無意識のうちに「切り換え」を要求しているのであろう。知らんぞ!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/07/05 06:12 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ゼロ戦、ぬるく制作中

最初の一機のみでさっぱり進まなくなってしまった我がゼロ戦ラバウル航空隊。なにやら気分で手が着かなくなってしまったが、やむを得まい。前回とさほど変わったところもないが、それでも一応、機体の塗装を進めてはいる。21型の方は二度目の塗装にさしかかり、22型は下面の色塗りを開始した。要するに両方の機体に明灰白色を塗ったわけです。
DSC_0809s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/14 23:47 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

至高が何だ!

 どんどん進めるぞ「至高のゼロ」!今日も今日とて、無駄に多いエンジンのパーツを組みあげた。
が!
やっべ~~!後列のシリンダーの上にある、カウリングを固定するための出っ張りを、ランナーとのつなぎ目と勘違いしてきれいさっぱり削り取ってしまった!だってだって、まさかそんなのあると思わないじゃん!何しろエンジンの裏側とかまでこだわって別部品があったりするようなキットなのに!(星形エンジンの裏側の吸気管とか排気管とかそういうのまでしっかり部品化しているキットなんて、初めて見たよ。)
DSC_0808s.jpg
一応、普通にリカバリーできそうですが、どうしてこういつもいつも早とちりなことをしているのだろうか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/12 21:36 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

至高のゼロを組む

至高のゼロは本当すごい。まず部品点数がハンパでなく多いね。コックピットはタミヤが11点であるのに対し、こっちは21点、やたらに多いのである。その上、計器パネルのデカールが7枚。めっちゃ細かい作業が続きます。
DSC_0804s.jpg
せっかくこんなに実物通りであるにもかかわらず、この部分が完成後はほとんど見えなくなってしまう、というのはもったいなさ過ぎる。
DSC_0806s.jpg
まあ法隆寺とか、そういういろんな古い建物の材木に、昔の大工さんの落書きとかサインとかが描き込まれていたり、或いは墨ツボをわざと天井裏に置き忘れてくる習慣とかあるみたいだし、西洋でも、教会なんかの完成後は誰にも見えないはずの場所に手の込んだ彫刻を施したりとかするみたいだから、いってみれば神に捧げる部分であるのかも知れない。模型の神様に敬意を表するみたいなもんですね、ここまでくると。

だが、未完成の状況をいつまでも楽しんでいるわけにも行かない。やれるときにはやってしまわないことには、積んどくキットがいつになっても減らないぞ。なにしろ、現状を(年間購入するキット+今あるキット)÷年間生産機数、として考えれば、ストックが消えるよりも先に定年が来てしまう。しかも、老眼が進む一方だから、作業は遅くなるばかり。まさかプラモデルを作るのが命がけになってしまう時がくるとは、高校生の頃には考えもしなかった。

ということで、取り急ぎサムライの形にまで持っていったが、動翼部だけでなく、無駄に多すぎるパーツの取り付けがまだまだ難航しそうな予感なのである。
DSC_0807s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/10 23:13 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ファインモールド22型に着手

 まずは改めて部品のチェックをするが…タミヤやエアフィックスとはかなり発想の違うキットであることがわかる。それはいいのだが、コイツは自分的にはいけ好かないね。だいたい部品の用途ごとに色分けされたプラスチックで成形されているのだが、そういうのがそもそも私は嫌いなのだ。なぜって、塗装しても塗装したっていう実感がないじゃないか。さらに、長砲身の20㎜機関砲の部品が別売の金属部品で1500円もするとは恐ろしや。雑誌含めてキットの値段は3200円で、それらを合わせれば、1/72の大戦機それも単座戦闘機のキットの値段としては法外じゃないかい?
DSC_0769s.jpg

 そうはいっても、ストックはストック。私は「キットのコレクター」ではないので(雑誌に付属してた段ボールの箱も捨てちゃったし)、とにかく作ろう、と例によって色塗りから始める。操縦席の部品点数は驚きの20点を超えているのだが、どれを何色に塗るのか、の指示がない。そんなの自分で調べろよ、というオーラがバリバリだ。「至高の」という言葉は、つまりキットじゃなくて「作る人」が至高だということかい?
DSC_0774s.jpg
ちょっと文句ばっかりになっちゃったけど、あまり気にしないでください。私の意見はその時時によって、風の中の羽のように変わっちゃいますから。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/05 21:27 】

零式戦闘機三機連続(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫