FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

常に何かの陰にいるか

 昨日に引き続き、デカールを貼った。
DSC_0995s.jpg
 FUJIMIのデカールって、なんだかおざなり。キットそのものはいいのに、何でこんなに安っぽい色で、しかもサイズもなんだかデタラメ臭いんだろうか。胴体の四角も大きすぎる感じだし、主翼の日の丸は妙にオモチャっぽいし、味方識別帯の黄色も、何でこんな安っぽい色で太さもいい加減なの?そういえば98式水偵のデカールも、発色もサイズもさっぱりダメだった。モールドとか組みやすさとか基本的なところはしっかりしているのに、なんだか「プラモデルという製品」としての完成度がちぐはぐなんだな。
 しかたがないので、せめてこの黄色は上から塗り直しましょう。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/09/04 20:08 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

常に何かの陰にいる

 主力戦闘機や爆撃機などの陰に隠れてなかなかスポットライトを浴びない飛行機。「観測機」というのもそういうジャンルの飛行機かな。我が航空廠においてもいつも何かの作業の合間にちょこっとずつ進めてきたような。
 しかも、翼間張線がいつもやってるヤツより太い感じなので、どうするか悩んでいるうちにずっと放置状態になってしまった。おまけにフロートがついて背の高い複葉機ということもあって、仕掛け品を片付ける場所にしまっておけないため、リビングのそこら辺に置きっぱなしになるわけですよ。つまり、破損の遠因にもなるし、長期にわたれば完成前にホコリの付着等で汚れてしまうことも考えられる。困ったことです。

 ということで、もう余計なことは考えずに片付けちゃおうか。上翼上面の塗装をちゃんとやって、翼端灯の透明部品など、残っている最終的な組立を行ってしまいました。
DSC_0994s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/09/03 23:56 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

零観、何となく

 塗装とか、けっこう進捗して、ちゃんと塗ってないのは主翼上面だけ、みたいな感じになってきた。部品も、残すはプロペラと、翼端灯の透明部品のみ。
DSC_0757s.jpg
ただ、こっちはこっちで困ったことになっている。先日ちょっとした弾みでテーブルから墜落したんですよ。で、その時のダメージのうちで、どうにもならないところがありまして。それは主フロートの中に入れた鉛のおもりの接着が外れてしまい、作業しているといちいち機体内部でガタガタする。これは、どこかの接着が外れてる感じがするから、けっこう鬱陶しい。何となくイライラしちゃうんだな~。全く!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/06/03 01:17 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

形が現れると気合いも入る?

なにしろ組み立てよう。プラモデルは組み立ててこそのものじゃないか。それでまず、左右の補助フロートをつけるが、組立説明書の通りの番号だと補助支柱の前後が逆なんだよな~、多分。斜めの角度も逆みたいだし。なんだか、フジミってそういうのがいっつもあるような気がするが…
 次に翼間支柱と胴体支柱をランナーから切り出して上翼の仮組みをしてみる。そもそもそういうことが出来るキットって、珍しいからけっこううれしい。うまく削り合わせればそのまま流し込み接着剤で固定できちゃうじゃん。思ったより楽にいくかも、です。
DSC_0720s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/05/18 06:54 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

地味な同時進行

 一応忘れてはいない。というか忘れられない。なぜなら、背が高すぎてしまっとけないからだ。
 で、ゼロ戦の塗装でビンを開ける時に、ついでにコイツにもちょこっとずつ色塗りをする。風防もつけて、棟上げの準備が進んでいるわけである。
DSC_0718s.jpg
今のところ、上翼の棟上げが先か、補助フロートが先か、迷っている。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/05/16 00:20 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

機体の塗装

 ゼロ戦のついでにこっちも進めてみる。カウリングをレベルカラー15番で塗るように指定されている。面白い。
aDSC_0693s.jpg
レベルカラーの15番って、意外に褐色が混じっていることに気付く。

それにしても、このキット、胴体と主翼を結ぶ支柱の接着位置がわからないんだけど、どうなるのであろうか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/04/28 09:57 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

困った仕掛け品たち

 昨年の8月後半、一気にいろいろやっちゃおうと思って、バルジ大作戦か菊水1号作戦を彷彿とさせる攻勢に出て、数機のキットを作り始めたのだが、結局仕掛け品が増えるだけ、というあきれた結果に終わったのである。
その後、グラジエーターは完成したが、He70は三色迷彩に手こずって遅々として進まず、この零観に至っては放置されたまま半年が経ってしまった。

 8月22日、コックピットをこんな感じにして、胴体左右を合わせた。
DSC_0328s.jpg

 そして、ほぼ半年後のやっと昨日あたりからいろいろ再開したが、意外なことに、このフジミのキットは合わせが良くないのだ。エンジンも、まんま組むと、カウリングの中央にプロペラ軸がこない。なかなか要注意ですな。
DSC_0571s.jpg

 なんやかんや言いつつもとにかく主要な部品を組み上げていく。
DSC_0572s.jpg
 ところが困ったことに、この状態になると、すでに仕掛け品を日頃片付けておくトレーに収まらない。背が高すぎるのである。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/02/24 23:32 】

零式観測機(中断)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |