FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

タミヤの飛燕:完成したということで。

いつもいつも、「完成したことに」という誠にいい加減なぷらもでらーです。性分なんでしょうね。
IMG_4697i.jpg

飛燕はやはり独特なドイツ的なフォルムが言いようのない魅力を醸し出していると思います。だから、タミヤのキットが出たのを見て、私なんかも衝動買いしてしまうのでしょう。こんなの買い込んだら、老い先短いモデラーとしての時間の無駄になることはわかりきっているのにね。
IMG_4701i.jpg

タミヤのキットというのもニクいですよ。全体的な曲線の美しさと細部のデティールが両立している。私みたいな下手が作ってもまあそれなりのクォリティを発揮することができるところがやっぱりイイ。
IMG_4703i.jpg

IMG_4705i.jpg

今回は全部キット付属のデカールでやっつけようと思ったのですが、いつもの例にもれず、デカールの貼り損ねを発生させてしまいました。今回は胴体後部の白の二重線を失敗してしまい、へこみましたが、
IMG_4708i.jpg
手書きしましたです。
IMG_4709i.jpg
後、主翼上面の、フラップの輪郭を示す赤線と機銃の点検口を示す赤線。こっちは、貼ってみた感じがなんだか気に入らなかったので…。
要するに自分勝手なモデリングをしているということですよ。ウン。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/09/21 22:43 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕:完成間近となっていったい何日

その後、風防を取り付け(合わせ完ぺき)、アンテナ関係も取り付けて、細かい塗装も進めている。完成間近ではある。
IMG_4538i.jpg
と思ったけど、実物ではなくこの写真を見て、機体全体の塗装が乱雑であることに気づいてしまった。上からさらに塗らねばならぬ。

細かいパーツもいろいろ進めた。黄色の塗装は、今回はすべてデカールで行ってみようかと。
IMG_4539i.jpg
となると、脚柱を取り付ける前に本体の主翼前縁に味方識別帯の黄色いデカールを貼らなければならない。手順がいちいち面倒だね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/08/19 23:59 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕:塗装する。

いつものように、薄く溶いたレベルカラー(グンサン)でササっと乱雑に塗る。夕べの夜半過ぎ。
IMG_4479i.jpg
あと2回ぐらい重ね塗りすればまあいいんじゃないの。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/06/18 20:15 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕:優美なフォルム

組むのは簡単。合わせ目の修正も最小限で十分。
IMG_4471i.jpg
美しい曲線美があっという間に表れる。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/06/04 23:55 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕、目が大変

コックピット。こんな小さい部分なのに、塗装もまあ細かいこと。
IMG_4456i.jpg

操縦席、できてきた。
IMG_4459i.jpg
機体の組み立てに入ろうか、という今日この頃。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/28 23:17 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの飛燕:クールじゃないか!

以前作ったタミヤのゼロ戦が忘れられなくて、最近出たばかりの飛燕も衝動買いしてしまった。機首に20㎜機関砲を2門装備したタイプであった。あまりよく知らないのだ。
まあ、ストックにしておくのも腹立たしいので、さっさと作ろう。
IMG_4454i.jpg
ということで、いつものようにランナーについたまま着色を始めるが、思いのほかに指定が細かい。操縦桿の部品だけで4色に塗り分けるし、サイドの操作盤のレバーとかの部品に至っては6色に塗り分けなければならない。レバーごとに取っ手に違った色が塗ってあるんだもんね。中学や高校のころにはそういう細かい資料なんか全然なかったし、形があれば満足だったから、レベルの1/72ファイターシリーズ「Kawasaki Tony」というキットでも大満足だった。そもそもそんな飛行機がいたことさえ、そのキットを店頭で見るまでは知らなかったし(なんで日本の飛行機なのにトニーなんだ?というところからわけわからん、という…)。まさに隔世の感があります。

(爺臭いね、言い草が。)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2018/05/28 21:56 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

半端な完成、再び

 早くストックを減らしたい。このままではストックを抱えたまま年を取ってしまう。という思いが半端な完成品を量産している、どうしようもないモデラーとなってしまいました。困ったなあ。

 アオシマの三式戦闘機飛燕Ⅱ型改水滴風防型。昔にファインモールドが出していて絶版になっていたが、その後RSモデル、そして今回のアオシマ、とかなり手軽に入手できるアイテムとなりました。しかも、今回のアオシマは相当グレード高いんじゃないでしょうか。
IMG_2869i.jpg

 この、水滴風防型の飛燕はいったい何機製造されたのか、実戦に投入されたのか、さっぱり謎ですね。ただ、今回のキットは、本土決戦が叫ばれる昭和20年の緊迫した状況がなんとなく感じられるような、気迫のこもったキットでございます。日本のキットなので、どこぞの東欧メーカーと違い、合わせなどで苦労することはありません。
IMG_2871i.jpg

風防は、中央部がやや背が高すぎて、機体側を少し削りました。
IMG_2870i.jpg
【 2016/10/30 00:04 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アオシマの飛燕その4

脚を取り付ければなんだか完成に近づいた感じになる。
IMG_2654i.jpg

なんか、敵味方識別帯の下塗りが短すぎるのではないか?一応マニュアルの指示に従ったのだが?
IMG_2655i.jpg
と思ったら、アマゾンのレビューに、
「マニュアルはやっぱりアオシマだった」
という指摘を見つけた。こっちは「マニュアル通り」を旨として無条件で信じることにしているのに!ま、いくら何でも無批判すぎるか。
【 2016/07/11 00:42 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アオシマの飛燕です

また少し進めて、機体の塗装をする。キットの指示では全面暗緑色だが、夜間戦闘機じゃあるまいに、あんまり気が進まないので、やっぱり翼下面は銀色に。
IMG_2651i.jpg
それにしても、グンサンの川崎系というやつはなんだかカーキ色が強くてあまりいい色じゃないなあ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/07/07 05:46 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アオシマの飛燕その2

今度は機体を組み立てる。
IMG_2649i.jpg
美しいフォルムが姿を現す。いいことだ。でも工作は適当です。何も気にせずさっさと組んじゃう。残念ながら、翼の後縁は分厚いです。胴体のフィレット部分が薄くできているので、そことはフィットしません。普通の人は何とかするべきでしょう。私は普通じゃないので、何もせずそのまま組んじゃいました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2016/07/05 01:44 】

三式戦闘機(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫