FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

そしてとうとう…

完成しました!
DSC_0260f.jpg

DSC_0265f.jpg

DSC_0262f.jpg

DSC_0261f.jpg

DSC_0266f.jpg

 やれやれ、もとはといえば、「小国空軍機コン」に参加しようと思って作り始めたのに、そっちの方は不義理をしてしまい、全く恥ずかしい結果となってしまった。そもそも3月3日が締め切りなのにそれには間に合わず、気がついてみれば、最終締め切りが6月28日となっていて、それにも2ヶ月近くも遅れているんだから、もはや忘れられちゃったのと同じである。いったん模型どころではない日々が続いちゃったりすれば、今度は気合いが乗らなくて手を付けられなかったりするしで、なかなか思うようにはいかないものだ。しかも、キットはとびきりややこしかったし。その上、この飛行機って、なんだかデッサンが狂っているという感をぬぐい去れない。ま、イタリアだからね。
 それでも、キットの進捗をアップする度にカウンターが回るので、つまりそこそこウォッチングしている人もいるのかな、というのは励みになる。ときどき励ましのコメントが入ったりすると勇気百倍だ。

 今回も作左様から望外のお便りをいただき、ありがとうございました!
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/08/12 01:25 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

やっとのことで完成間近に。

塗装・組立がほとんど終了した。手間かかったのう。でもほとんど追加工作をしてないのはいつものとおりである。あとはプロペラなのだが…。あっちの方のキットはプロペラを普通の部品みたいに接着しちゃうだけなので、回らなくなってしまうものが多い。でも、何十年も昔から飛行機のプラモデル作ってる側としてはそれだけは許せないんだよな~。で、いつもプロペラが回るようにするのにけっこう手間どってる、というか、そういうキットが不良ストックになったりね。今回もとがった機首の液冷エンジンで、機首部分もいい加減なモールド、いかにも「プロペラ、貼っ付けちゃえばいいじゃん」というノリなので処理しづらさ満点、どうするか悩む。
DSC_0255s.jpg
結局、機首にぶっとい穴を開け、

プロペラに芯を付けて、穴を開けた円柱様のプラブロックを作って挿し、焼き止める。という方法を考えついた。この手法は次回も役に立つかも。(たいしたアイディアじゃなかったですね)
DSC_0256s.jpg
でも今度こそ完成のめどがつきました。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/08/11 10:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Ro.37、急展開?というほどのことでもないが

 次にどうしようか…と、ずっと考えながら何もしないときが続いていたが、よく考えてみたら、あとは張線を張って脚を組み立て、マーキングで終了じゃないのか?ということにふと思い至った。何しろ、スキルは中学生時代から進歩なしだから、作業も単純なのだ。しかし、完成が近づいていることに気付いた、というのはいいことである。勇気を持って続きを作ろう。

 で、張線を張って、主脚を組みました。部品をランナーから外して削りだして、そのまま接着しちゃったので、よく見るとあちこちはげチョロです。あとからレタッチするのです。
DSC_0244s.jpg
でかいスパッツ付きの主車輪をもった、この手の脚柱を組むのはわりと面倒なものなのですが、このキットの場合は、全部イモ付けであるにも関わらず意外にきれいに位置が決まりました。
 うまくすればあと1日の工程ですが、蒸し風呂のような音楽室で吹奏楽の指導をして帰ってくるともはやグロッキーの状態、という日々が続いているので、またいつ作業ができるかは分かりません。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/07/29 23:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

翼間支柱

 やっとのことで4本の翼間支柱を接着することができた。
DSC_0230s.jpg
前回からさらに一ヶ月近く経過してしまったが、実を言うと一日たりとも頭の片隅から離れたことはなく、作らなきゃ作らなきゃ、という意識ばかりが頭を駆け巡る。でも、かなりおっくうなんですよ、このキット。何日か前にようやくてをつける気になって部品を引っ張り出し、左前の翼間支柱をランナーから切り出してみたところ、なんと3ミリ以上長さがオーバーしているではないか。しかも、この支柱は第一次大戦あたりの飛行機の単純な棒と違い、付け根付近がテーパーがついて太くなっている上に外側に傾いて配置されているため、簡単には長さを詰めるわけにはいかないかな~、なんて思っているうちに1日2日と経過していってしまう。やっぱり一筋縄ではいかないこのキット、アズール恐るべし。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/07/08 23:46 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

Ro.37、三ヶ月ぶりの進捗

いろいろあって結局3月はじめに中断のやむなきに至り、「小国空軍機コン」にも不義理をしてしまった情けない状態で、あっという間に3月も経ってしまった。だが、仕掛品をいつまでも投げておくわけにも行かない。(って、仕掛品、たくさんあるんですけど?)
 何日か前に胴体支柱を接着して、棟上げの準備を開始。
DSC_0206s.jpg

 そして、今日はついに上翼を接着して複葉機が複葉機になった。翼間のワイヤーは少し細すぎるであろう。でもまあ、あまり深く考えずに張線はやっちゃおうかと。
DSC_0211s.jpg
上翼だけ後退角があると、なんだか上翼がお辞儀をしているようで、見る角度によってはあまり格好良くない。でも、これでも一応上翼には仰角がついています。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/06/12 00:44 】

Ro.37(完成)  | コメント(1)  | トラックバック(1)  |

バキューム透明部品!

こういう部品は初めてなのです。
DSC_0126s.jpg
とにかく、ナイフを入れて折り曲げると折れるので、バキバキ折りまくり、削りまくって部品を掘り出す感じ。大きめに削りだして寸法を合わせるつもりだったのですが、結局うまくいきませんでした。四隅が丸くなっていて、引っ込んでしまう。要するに寸法が足りない、というべきなのでしょう。

で、一応こうなりました。前席の風防は背が高すぎるような感じがしますが、こういう背の高い風防ともっとコンパクトなのとの2種類あるのかも知れない。WINGS PALETTEを見ると、そういう気がします。
DSC_0127s.jpg

おなかはこんな感じ。
DSC_0128s.jpg
最初の写真からここまで、実は2日かかってしまっています。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/24 01:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

塗装。筆塗り。いつものとおり。

 がんばっていけるところまでいきましょう。今日は、機体の塗装に入るが、なんだかうまくいかない。もともと、昔のマッチボックスみたいに、モールド色がツートンカラーなのがよくないではないか。一応ダークグリーンはいつものクォリティなのだが、機体下面色ののりが悪くて困った。

DSC_0125s.jpg
こうしてみると、なかなか精悍なスタイルだ。主翼がちょっとだけ大きければ、このままでも低翼単葉機として通用しちゃいそうな雰囲気を持っている。でも複葉機なんだよね~。ランディングギアも固定脚だし。
次はいよいよ、透明部品だ。さて、どうなる?

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/22 00:32 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

士の字にする

、尾翼を接着して、士の字にする。なんだかとってつけたような尾翼である。主翼と水平尾翼にデザインの脈絡がないんだよな~。おまけに半分ずり落ちたような垂直尾翼の形がなんだか変。

DSC_0122s.jpg

この後は、機体の塗装をして、透明部品をどうにかせねばならない。透明部品はバキュームフォームの、よくわからない代物である。過激だの~。バキュームフォームというのは初めてであるが、どうやって作っていいのだろうか。取り敢えず1枚ずつ大きめに切り出して現物合わせをするしかないであろう。おっとその前に、まだ操縦席内部にくっつけなければならない部品が残っている。その上、ここから先はほとんど全部の部品がイモ付けなのだ。もともとガイドの穴とかボッチとか一切なく、かなり無愛想なキットなのだが、それにしても前途多難である。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/19 23:46 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

十文字にする

取り急ぎ胴体左右の合わせ目の処理をして下翼を接着。これで十文字になりました。

DSC_0119s.jpg

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/19 00:21 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

小国空軍機再始動

 ついに再開した。3月3日が締め切り、ということを突然思い出したのだ。間に合うかどうかはけっこう微妙。面倒なところはすっ飛ばすしかないですかね。
 というわけで、まずは操縦席の計器板を適当に接着して、胴体左右を接合する。ついでに車輪とかプロペラとかの工作を行う。
DSC_0118s.jpg

ちなみに車輪だが、本来はエッチング版でスポーク車輪を作るのである。2枚のスポークのエッチング版を、間に0.8㎜の長さの細い円柱を中心にはさんでテーパーを付けて合わせ、その上にタイヤを接着する、という驚きの面倒くささなので、もうそこは省略し、プラ板でごまかすことにした。どうせスパッツの中に隠れちゃってほとんど見えないからいいよね。何しろお手軽モデリングの連続である。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2012/02/17 21:48 】

Ro.37(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫