FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

そして完成

さっき途中経過をアップしたばかりで、もう完成しました、というのもなんだか意味不明ですが、完成しました。一応。
SBCA0434s.jpg

張線が少なくて、拍子抜けです。実機も少なかったからやむをえない。それどころか、実機のプロトタイプは、翼間支柱もないという意欲作だったのですが、パイロット達が「頼りない」という理由でいやがったから、格好だけ支柱をつけていたそうな。
SBCA0435s.jpg

マーキングは、有名なヴェルナーフォスの最後の愛機となってしまったDr.1です。フォスはいつもはもっと派手な塗装の機体に乗っていたようで、このDr.1は彼にしては極めて地味だと思います。(だから運が尽きたのかも。)
SBCA0436s.jpg

キットも適当で、水平尾翼の支柱はないし、エンジンの排気管のモールドもないし、操縦席の中はがらんどう。機銃の形もチョー適当で、形式的にあるだけ、という感じ。パイロットを乗せてコックピットの中は隠すしかありません。
SBCA0437s.jpg
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/23 00:33 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

実質3日で組み上がる

 さっさか進めたいところだが、仕事もあるし家庭もあるし、趣味ばかりに生きるわけにもいかないのが男というものであろう。「趣味」も一つじゃないしね。それでも切れ切れの日々を併せて、実質3日でここまで形ができた。エンジンとプロペラだけ他から流用し、カウリングの内側を削り込んだり穴開けたりシャフトを通したりはしたが、意外に難しい作業ではなかった。エアフィックスのオンボロいキットではあるが、それ以外はまるっきりキットそのままである。
SBCA0433s.jpg
古い割には(昭和40年代初期?)全体的なプロポーションも良好である。それ以上のことは望むまい。あとは、張線(ちょっとしかない)とデカールだけで完成だ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/22 21:27 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

順調(乱雑)に物事は進む

きょうはまず上翼をつける。これで3枚羽根の主翼が形になる。
SBCA0431s.jpg

ちなみにプロペラの比較。上がキットのオリジナル。下はローデンから流用。
SBCA0430s.jpg

主脚も組む。ほぼ形ができた。張線のことをあまり考える必要がないので気が楽である。
SBCA0432s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/19 00:05 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

もうダメ。テンパったので他のキットに浮気

 タイトルの通り。ソッピース三葉機もどうしていいかわからなくなったし、アナトラアナサルは1/72とは名ばかりでオーバースケールなのがわかってしかも気になって、やる気が失せた。
 ん。違うのやろっと。

 ということで、けっこう前に手をつけてそのままだったエアフィックスのフォッカーDr.1を再度引っ張り出してきた。これがいやになったのは、ロータリーエンジンがカウリングに一部分だけモールドされている、という情けなさで、その上プロペラの部品がショボく、とてもじゃないが普通のクォリティじゃない、ということだった。しかもプリントされたしましま模様の迷彩塗装もめんどくさいし、古いキットだからあっちこっち傷んでて手がかかるし…。

 だが、減らすぞ、ストック。今年の俺はひと味違う。まずはプロペラとエンジンを何とかしよう。で、積んである手つかずのキットの中から使わなそうなコンパチ部品を引っ張り出すことにする。いろいろ探しまくって、プロペラはローデンFokkerDVIIから、エンジンはフラッシュバックのソッピースストラッターの中のレジン部品から、それぞれ充当することにしたので、やっとのことで製作が再開する。
SBCA0429s.jpg
迷彩プリントの塗装は、通常考えるよりはやや明るめにしてみた。而してその実態はクレオスのライトグリーンRLM82である。今日のところはここまで。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2011/05/16 23:03 】

FokkerDr.1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |