FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

いちご狩りはいいことだ

真岡市に来ています。
栃木県はいちごの生産日本一ということで、いちご狩りに来ました。
IMG_2187i.jpg
以前に山梨の方へ行ったんですけど、そこよりはいい感じだったように思いますね。何しろ予約なしで行ったので、どうでもいいハウスしか入れてもらえなかったので、あまり良い印象がなかったのです。
IMG_2188i.jpg
しかし、こっちは違いましたね、予約なしだというのに。大粒のイチゴがたくさんなっていて、ただし、繁殖用にミツバチの巣箱が一個置いてあって、みたいな、でかいハウスを家内と二人占め。しかもこれがウマいんだな。コンデンスミルク持ってくるの忘れちゃったんだけど、そんなの必要なしでしたわ。
IMG_2189i.jpg
でもまあ、前回もそうだったんだけど、そんなにたくさん食べられるものじゃない。制限時間を告げられても、その半分の時間も消化しきれないうちに腹いっぱいになっちゃいます。

そんなわけで、今回の小旅行の目的は10時半には終了してしまい、そのあとの時間つぶしに困ってしまったので、御朱印を探して東の方へ走っていくと、道案内版に「笠間稲荷神社」があったので、そちらへ参詣しました。
IMG_2195i.jpg

結構大きな門前町というか、仲見世通りなんてのまであるんだけど、工事中でした。それというのも、先の東日本大震災で境内が甚大な被害をこうむったということで、その修復がまだ進行中なんだそうな。どおりで。門前町があって駐車場の客引きさんが何人かいるところを通りっ過ぎちゃったのですが、そもそも入り口がどこにあるかわからないんだから。というのも、鳥居がない。地震で崩壊してしまった。さらに仲見世通りは舗装のやり直し工事中で、店の軒下の狭いところをちょこっと通れるようにしただけで通行止め、という有様です。
IMG_2197i.jpg
由緒ある神社なのに、残念なことです。帰りがけに、門前町で名物のお稲荷さんを買って食べたけど、色が濃いわりに薄味で、誠においしかったです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/03/26 23:29 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ぶんぶく茶釜

初詣を兼ねて、群馬県館林市にある茂林寺というお寺を訪ねた。本堂の屋根が茅葺きとは、今時風情にあふれているではないか。
IMG_2029i.jpg

ここは古刹というか、まあ古いお寺である。この本堂は江戸時代に建立された由。
IMG_2030i.jpg
この右側の方に行って、御朱印をもらってきた。何年か前、修学旅行に行ったとき、ほかの人がいただいているのを見て、単なるスタンプよりかっこいいじゃん、ぐらいのノリで自分もほしくなって、御朱印、集めることにしたんですよ。勿体無いことだ。

そして、重要なのは、ここは「分副茶釜」の伝説があるお寺なのだ。だから、というか、タヌキの置物がいっぱい飾ってある。
IMG_2033i.jpg
右奥の仏さまより狸がでかいとは、こりゃまあ、どうしたことかいな。

ウチの犬とツーショット。こいつは断然落ち着きがなく、こんな写真が撮れるというのは、まさに千載一遇のチャンスをものにしたというべきである。
IMG_2037i.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/24 18:52 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東京宝塚劇場にて

花組公演のマチネーに来た。宝塚歌劇、家内のお弟子さんに元タカラジェンヌがいて、家内も若いころからのヅカファンだったこともあり、ここのところ宝塚づいている。その方がよい席のチケットを取ってくれることもあるのだが、今回はなんと、二階席の一番後ろから4番目の列でござる。
 そこから舞台を見下ろすと↓こんな感じになる。
IMG_2025i.jpg

「マノンレスコー」。まあいろいろ意見もあるでしょうが、それなりに幸せなひと時でありました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/01/23 21:22 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

結婚30周年特別企画その2

パノラマランド木島平の良いところは、お部屋が広いことである。特に、和洋室をキープすると、シングルベッドが二つ並んでいる部屋の他にそのまんま使える10畳もの和室がつくのである。これを利用しない法はない。ここは鉄道模型のお座敷レイアウトを楽しむしかないでしょう。何しろ、どこもいかないで宿でノンビリ、という絶好のチャンスなんだから!

最近、といってもわかってる人にとっては古いことなのだろうが、カトーのユニトラックに「二人ですれ違い運転を楽しもう、」といううたい文句で複線線路のユニットが登場している。しかもなんとすごいことに、曲線レールはカントがついていて、カーブの内側に列車が傾くようになっている優れものである。(もっとも、欠点もあって、スムーズにカントがつくようなユニットもあって、それをうまく使わないと直線から曲線に移るさいに破綻してしまい、思ったような配置でレールを敷設することができない)
今回は面倒なので最も簡単な小判型ということにして、途中に分岐線を組み込んで、みたいな配置でいろいろ走らせることにした。
IMG_1809i.jpg

残念ながら、最近増備したカトーのC12とC56は駄目だこりゃ!という状況。なんと、トランスの電圧を上げていくと、全く走らない状態から突然猛烈な勢いで爆走してしまうのである。こういうローカル線専用の小型機関車が猛スピードで疾駆したのでは全然雰囲気が出ない。トミックスのC57135も状況は変わらない。まあしょうがない。今回お手軽に持ってきた、トミックスの古~いコントローラーの仕様がつまりそういうことなのであろう。0~12Vとかいっても、実際には0~3Vのあたりはずっと0のままということだな。もっといいコントローラーに買い換えないといけない。最近の市販品はどうなのだろうか。
やむを得ず、スケールオーバーの古い模型ばっかり走らせることになる。マイクロエースのC51(写真)とかね。今回持って行った蒸機の中で一番良い走りをしたのは、エンドウの9600だったぞよ。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/10/11 20:52 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

初詣

娘もイタリアから一時帰国をしていることだし、この際初詣に行きましょう。というわけで、朝10時頃出発し、東松山の箭弓稲荷神社へ。
IMG_0234s.jpg
かなり由緒のあるお稲荷さんらしく、建物もものすごく手が込んだものである。しかもいい感じに古びて風情があるし。
IMG_0236s.jpg
笑えるのは、バットの形のお守りが売っていること。「やきゅう」に野球をかけたわけね。奉納されている絵馬も通常の絵馬と違って逆さまだ…と思ったら、ホームベースの形をしているもので、「全国制覇」とか「技術向上」とかの願がかけてあるものが多い。しかも住所氏名など書式まで印刷されていて、小さい子供でも無理なく書けるようになっているところが丁寧である。ここは野球の神様でもある訳か。さすが日本人である。

さて、昼飯は一気に足を伸ばし、先日も行った宇都宮の餃子を娘に食べさせてやろう。ということで、今回はドンキの地下ではなく、東武デパートの8階にある支店の方へ。そこで月替わりの餃子を一皿ずつ全店のものを一気に注文した。
IMG_0237s.jpg
デ、それをいろいろの品評しながら食するのもまた楽しいものである。これだけの餃子を二人で食べるのは無理だが、3人なら平気だもんね。

帰りに家内と娘がっどこだかの「しまむら」に寄ってたので、ついでに隣にあった100均でフラフラしていたら、こんなすてきなミニカーを発見し、衝動買いしてしまった。1/72というところに惹かれちゃったね。つまり飛行機と並べて置いたりも出来るということか。
IMG_0242s.jpg
ということで、楽しい成人の日が過ぎていったのでありました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/01/13 22:48 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あけおめドライブその2

 暮れから正月にかけてどうも面白いところへ行くことがなかったので、まさに欲求不満がたまるのみ。今日こそ出かけよう、海へ日の出を見に行こう、ということで朝4時出発。ちょっと遅かったか?という一抹の不安も感じつつ国道16号を東進し、岩槻ICから東北自動車道を南下、外環道に入り三郷JCTから常磐道へ。さらに友部JCTから東水戸道路に入って進めば大洗・ひたちなかは(字面を追うだけなら)すぐである。どうにか夜明け前に海辺に到着するが、その後の予定を考えると、少し北の方へ行っときたい。ということで海辺の道をどんどん北上するが、思ったような日の出が見えそうな、自動車を止められそうなスポットがないのだ。刻一刻と迫る日の出時刻。気象庁のHPによると、今日の日の出時刻は6時51分である。やばい。急げ。で、ついに海水浴場のような場所に出て、自動車を止めたら、その時点ですでにあと2分ぐらいで日の出じゃないか!すごい。時間ぴったりである。

ということで、この頃やるようになった、「新年の日の出を見る」という行事が無事に、そして厳かに始まったのでありました。
IMG_0193s.jpg
海岸のテトラポットが景観を損ねているのが玉に瑕だが、やっぱり太陽が昇る瞬間というのは何度見ても美しいものであります。
IMG_0196s.jpg

それなのに、そんなのどうでもいい、といわんばかりの駄犬がコイツです。
IMG_0197s.jpg


こういう風に写真に写ればそれなりに利口そうに見えるのに、トシに似合わず落ち着きのない犬なのでありました。
IMG_0200s.jpg

さて、まだ朝の7時ですな。次は袋田の滝を見に行こう。茨城県のるるぶとか見ても、名所というとここぐらいしかないんだもんね。田舎道をずんずん進み、8時45分頃到着。観瀑台の入場料は9時からは徴収される、という。なかなかよい時間に来たものである。早起きはするモンだね。ということで、タダで滝を見ることが出来ました。
IMG_0202s.jpg

 それでもまだ10時前だ。ここからは、おいしいものを食べる旅となる。今日は宇都宮の餃子を食べに行こうじゃないか。と今度は道路を西進する。12時頃無事宇都宮に到着し、「来らっせ」というお店に行った。いつもは足を向けないドンキの地下にある店であるが、ここはすごい。いろいろな宇都宮の餃子専門店が日替わりで餃子を出すというすばらしいスポットである。つまり、居ながらにして食べ歩きが出来るということ。結局、8店舗の餃子を食べ比べて、思いっきり満足して店を出た。
 その後はジョイフル本田宇都宮店に寄っていろいろ見ようと思ったら、犬が意外に邪魔で、思ったようにウィンドショッピングができなかった。まあいいか。

 帰りは高速で、と思ったら、折からのUターンラッシュに事故渋滞が重なってさっぱり前へ進めない。仕方がないので下の道に降り、太田・足利・熊谷と通って家に帰り着いたのは21時頃でしたとさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/01/04 23:31 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

あけおめドライブその1

明けましておめでとうございます
ということで、どこかへ出かけましょう。家でグタグタしていてもおもしろくないからね。と言っても、家族でそろっておせち料理にお雑煮で、おとそで…ということをやっていると時刻も昼近くになってしまい、そうそう遠くへは行けないか。その上今日なんかに、それなりの神社仏閣なんかに出かけた日にはどこも大渋滞となっているであろう。それではつまらん。初詣は後日にとっとくことにしよう。


 新年一発目に向かった先はここ、ミューズの女神様おわします埼玉県屈指のパワースポットでございます。(といっても、ここの神様は日頃怠けている輩に対しては容赦なく手ひどいバチを当てることで有名!)今日も、遠くから眺めた瞬間になんだか気分が重くなったのも私の日頃の行いのせいでしょうか。それとも、神への祈りが届かずに願い破れた数多の人々の無念の思いがここにこもっているからでありましょうか。
IMG_0183s.jpg
正月元旦からこんなところに来る酔狂な者など誰もおらず、閑散としています。年末年始は休館日ですからね、当然です。そう、ここは吹奏楽コンクールの埼玉県におけるメッカ、「所沢市民文化センター ミューズアークホール」なのであります。一年の計は元旦にあり。私はここで昨年夏の歯がみする思いを改めて思い出し、「臥薪嘗胆」を誓うべく、ここに参ったのでございます。

で、次はどこにゆくか。特に深い考えもなく、狭山湖のあたりなら気分爽快かもしれん、と、途中でダイエーに寄って清涼飲料水を買い込んだりしつつも車を進めましたが、結局なんだかあまり盛り上がる場所ではなく、そのまま奥多摩方面へ進み、小河内ダムまで来て、やっぱりなんだか気分が盛り上がらず、さらに山を越えて名栗川の流域の道に出ました。なんだか迷走しているが、割といつもやってるパターンでもあります。

 で、なにげに進むと、途中に大きな観音様が山の上に立っているのを見つけ、その足下までいってみました。すなわち「白雲山鳥居観音」というのだそうな。
IMG_0186s.jpg

さて、山を降りてきた時点ですでにあたりは夕暮れの雰囲気に。もう帰ろう、と国道299号に出て、東進すると、今度は古い学校のような建物の裏側が見える場所にさしかかりました。以前から気になっていた木造校舎のような、古い役場のような建物で、この機会に前の方に回ってみようか、と。とにかく新しくできた切り通しの道路からものすごく狭い旧道に入って進むと、こんなすばらしい廃校舎が!
IMG_0189s.jpg
これは平成5年に廃校になった南川小学校跡で、その筋ではけっこう有名なスポットだったらしい。建物は現役で地元の人が何かに使用しているらしく、小学校として使われていた当時の状態をかなりよくのこしているのだそうな。
IMG_0187s.jpg
といっても、あたりはすでに黄昏れ。持ってきたiPhoneのカメラではあまりよい写真は撮れなかったようです。
今日はこの辺で帰ろうか。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2014/01/01 22:07 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:4日目

 秋田・山形旅行最終日。今日はまず初日に行きそびれた加茂水族館へ向かう。ここはクラゲの展示にかけては世界で一番種類が多い、とギネスに認定されている。それもきっかけになったのは、クラゲの水槽の前によく中年男性がたたずんでジ~~っと見ていることが多く、時の館長が
「クラゲ中心にやっていくとウケるんじゃね?」
とアイディアを思いつき、それからというもの、入場者数が増えていって、今では人気の水族館なんだそうな。現に今、新たな建物をすぐそばに建て直して、来年あたりリニューアルすることになっているらしい。そして、それまでは来る人もいなくて閉館寸前だったという。
 確かに、改めてよくよく見るとクラゲというのは神秘的な動物である。毒を持つ種類も多く、大量発生して漁の邪魔をすることも多く、海の嫌われ者でもあるのだが、海に浮かんで泳ぐ姿は独特で、癒し効果がある、とされるのも納得だ。だが、ここでもやかましいガキが大量発生していて、鑑賞の妨げになることおびただしい。だが、よくよく見ると、ちゃんとした親子と、クソガキ一家は明確に一線が引かれているね。きっと将来身分の分化が起こっていく、これは萌芽なのであろう。時代の流れだからしかたがないんだろうな。

 さて、水族館をあとにして暫し海沿いの道を行くと、羽越線に貨物列車がやってきた。いかにも貨物用、という面構えの電気機関車が牽引している。
DSC_0979s_20130823014915e53.jpg
 で、列車の写真を撮って、さて帰路にかかろうか、と思った瞬間、ヤベ~!宿に氷を入れた水筒を忘れてきたことに気付く。中身の氷や飲み物は大して惜しくもないが、水筒2本はきつい。何しろ、やや無理をして大枚はたいた真空二重構造の保温水筒なのだ。取りに行くしかないね、ととって返すが、途中激しく雨が降る。こんなところで降ってないで、群馬の山奥に降れよ!と天に向かっていいたくなるが言ってもしょうがない。

 さて、水筒を取り戻して、再度帰路につく。今度は、農協とか(野菜を物色)いろいろ寄り道しながら、しまいには関越道に乗って20時30分、家に帰ってきた。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/20 23:46 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:3日目

 今日は田沢湖方面から鶴岡周辺に戻って宿を取り、明日早くからクラゲの水族館に行こう、というプランで、まずは田沢湖向けて出発だ!だが、天気が悪い。思えば今月に入ってから田沢湖の周辺は猛烈な雨が降り、大変なことになったというのに、またもやそのレベルの雨が降るかも知れない、という予報なのに、何でそっちへ行っちゃうかな~。

 到着した。遠かった。雨降ってた。ここに滞在する間だけ雨やんでた。この、不思議に青い湖の水の色と、金色の像の取り合わせが美しい。
DSC_0967s.jpg
お社もあって、「御朱印あります」という張り紙もあったのだが、どこでお受けできるのかさっぱりわからない。
DSC_0970s.jpg

 その後、角館あたりへ行けば昼食が食えるかな、みたいなノリで先へ進んでみると、そこは佐竹家ゆかりの土地らしく、武家屋敷の街並みが実によい風情を出していた。で、街の外れにある郷土料理のお店に入ってみると、なんだかアンティークな感じで、これはこれで良かった。しかも、二階がちょっとした博物館みたいになってる模様で、それも見られたので、楽しかった。
DSC_0977s.jpg

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/19 23:57 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

東北へ:2日目

 さて、二日目は男鹿半島を堪能しまくろう、というプランである。まずは、きのう行きそびれた水族館であるが、男鹿にもあるというので、その「男鹿水族館GAO」にいった。大きな水槽の中に大きな魚が縦横に泳いでいる光景は圧巻である。暫し呆然と見とれているが、なんだか行儀の悪いガキが多い。キーキー猿みたいにわめき続ける奴とか泣き叫ぶガキとか、そういうのを放ったらかしにしておく鬼畜母とかマジムカつく。最後に、すごくでっかいシロクマが水泳をするド迫力の光景を見て、出てきた。

 で次は、やっぱり男鹿と行ったら「なまはげ」でしょう。ということで、「なまはげ館」へ移動する。すんごい山の中にある。だいたい男鹿半島というところは、山と田んぼしかない、どっちを見渡しても緑一色の素晴らしい自然が残っているところである。今時日本にこんなところがあったのか!と驚かされる。
DSC_0955s.jpg
 なまはげの展示はかなりの迫力があるが、ここでもうるさいガキが多いのはどうしたことか。なんだかこの旅全体を通して、行儀の悪いガキ(サルと何ら変わらない)に悩まされるのだが、お盆の時期だからしかたがないのかね~。親はバカンス気分。子供は羽を伸ばして傍若無人にやりたい放題だし、じーちゃんばーちゃんも昔のように小うるさくなくて、何でもチビどもの言いなりだもんね。そういうガキに一矢報いるための「なまはげ」でもあるまいに!とも言いたくなる。隣の「伝承館」ではなまはげの実演なんかがあって、じつに興味深いものであった。

 途中で、またも「ババヘラアイス」を食べる。きのうは写真を取り損ねたので、今日はちゃんと写メしてから食す。
DSC_0959s.jpg
 だが、(旅をするとどうしてもそうなるのだが)糖質制限はもはや完全に破られてしまった。

 男鹿半島の先端、入道崎へ行ってみる。ところが、天気が悪く、お土産屋さんも次々に店をたたんでいる真っ最中。なんだかわびしいムード満点である。灯台にも上れる、という話だったが、なんだか意気消沈してパス。ソフトクリームを探して、まだ開いているお土産屋さんを物色して、男鹿黒い塩ソフトクリームを食した。思ったよりいける。本当はなまはげソフトクリームにしようと思ったのだが、そっちは今日は仕舞いなんだって。でもかえって良かったかも知れない。
DSC_0961s.jpg

 戻りは海沿いの道をことさら走ることにして進んでいくと、こんな↓
DSC_0963s.jpg
学校の廃墟を見つけました。子供がいない、ということは人口が減ったということでもあるし、過疎化が進んだということでもあるし、何しろさびしいことである。ここは建物がほとんど傷んでなくて、ただ単に草に埋もれているだけのような状態だったが、いずれどこからともなく崩れていくことであろう。

 で次は「その後の八郎潟」を見に行きたくなって、寄り道をした。八郎潟といえば、大規模稲作のパイオニアみたいな鳴り物入りで干拓し、社会の教科書でも大々的に取り上げられたにもかかわらず、その後の減反政策で青田刈りをさせられたり、とにかく時々の政府の方針によってやり方がころころ変わって、いろいろ問題になった場所である。どこまでもまっすぐの碁盤上のような区割りの道を走ったりして見学(見物?)し、それから今晩は能代方面で宿を取りました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【 2013/08/18 23:07 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫