FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

あさって本番!

 いよいよ、吹奏楽研究発表会があさってに迫ってきた。それなのに、まだちゃんと曲が通ってない。明日の練習が勝負である。うまくいかなかったらどうしよう…。しかも、こんな時だというのにオーボエのヤツが教室で友達とふざけ合っていて右手の親指をねんざし、楽器が吹けない(というより持てない)なんて言ってやがる。全く!明日までに治してこい!!
 今日は木管分奏をやった。オーディナリーマーチだけで終わってしまった。もう知らん!
スポンサーサイト
【 2010/06/11 23:55 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

金管分奏

 研究発表会が今度の日曜日に迫ってきた。やばすぎる。一番ヤバイのは指揮者であろう。振り間違えたら、曲が途中で止まっちゃうかもしれない。学年主任にそんな話をしたら、
「へぇぇ、そんなことがあるんですかね。」
なんて言っていた。指揮者の大切さなんて、誰にもわかってもらえないってことかね~。だが、吹奏楽の自由曲ともなれば、まさにそういう、極めて専門的な世界なのだが…。こっちは今頃になってもなお、大学の時に「指揮法」の授業をないがしろにしたことを後悔しているというのに。

 今日は、金管分奏をした。普通、こういう分奏では音の出だしとか、音程とかハーモニーとか、徹底的に詰めなければならないのだが、ウチはこの期に及んでさえもなお、楽譜の書き間違いとか、譜読みの間違いとかのチェックをしているのだ。どうなっちゃうのであろうか…!乞うご期待!!!
【 2010/06/09 23:54 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

演奏の機会が多い

 なんだかあっちこっちからお声がかかる、すばらしい部活。それがわが吹奏楽部ですな。ここ何日かのうちに、近所の地域の夏祭りのオープニング(7月24日)、地域の運動会の入場行進(10月3日)と、立て続けにオファーがきた。

 しかし、7月24日といえば、もうコンクールが10日後に迫っている、ヤバイ時期じゃありませんか。ということで、今のうちから演奏する曲を決めよう、ということになり、3年生と話合った。特に1年には譜読みさせないとね。

取りあえず

1.龍馬伝(自治会の役員が楽しみにしてるらしい)
2.男はつらいよ(先生のリクエスト:様々な年代の方々に楽しんでもらわねば)
3.魔女の宅急便
4.波乗りジョニー

ということになった。もう1~2曲増えるかも。
【 2010/06/02 20:53 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

土曜の部活

 今日は半日、吹奏楽部の練習である。いつもできない分、しっかりと曲の面倒を見なければならない。何といっても、今年は(この学校としては2年前から)夏のコンクールでA団体に出場するわけだから、半端なことはできない。しかも3年生が7名しかいないのでは、最初っからハンデをしょっての参加なのだ。ほぼ3時間、間に15分休憩を入れただけで合奏をやった。特に今日は、自由曲の練習をやった。いつまでも譜読み状態では話にならない。さっさと音楽を作ってしまわなければ。

 さて、練習が終わってから、隣の隣の市までいって、市民会館の大ホールの予約をしてきた。やっぱり夏休みは大ホールを使っての練習をしなければね。電車で30分、さらに歩いて20分、という、あまりよくない立地条件のホールだが、いつものところは出遅れて押さえられなかったのでやむを得まい。とにかく2日押さえることができた。これで生徒に顔向けできるね。
【 2010/05/29 23:51 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

リコーダーの授業

 新学習指導要領への移行期間限定で、2年生と3年生の音楽の授業が週2時間ある。そこで、かなり久しぶりに「アルトリコーダーの授業をやっている。
 しかしこれはけっこうキビシイ。何となれば、生徒たちが笛を出して、勝手にピーピー吹いているのを黙らせるのに、相当大きな声で怒鳴らないと指示が通らない。3時間もぶっ続けで笛の授業なんかやればすっかりノドは嗄れてしまう。今週は、その加減に手間取って、声がヤバイ。やっとのことで金曜になって、二日休みになる。助かった…という感じである。
 一応軌道に乗り始めたので、金曜あたりからは、1時間の授業の中で笛を吹くのはだいたい10分に押さえられるようになってきた。来週以降はどうにかノドも無事になるであろう。
【 2010/05/28 22:50 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

異動したのだ

 突如、違う中学校に異動になった。今日は「準備登校」。年度当初人事で異動した教師は2・3年生との初顔合わせの日である。ここの中学校は明るくのどかの雰囲気の生徒たちが多いようだ。入学式で歌う「歓迎の歌」の練習もあったが、良く声も出ているし、なかなか上手だ。校歌も、歌詞の中になんだか面白い文句も入っているが、それも含めてこれは今まで勤務してきた様々な学校の校歌の中では、自分的にはベスト2と言える。(ベスト1は、上尾の方の中学校で、平井康三郎が作曲した古色蒼然たる校歌:まあ、好みの問題ではあるが。)
 吹奏楽部も、けっこう鍛えられている。これからの日々が楽しみである。
【 2010/04/07 23:48 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アンサンブル進行中

 今日の練習ではアンサンブルの進行状況を確認した(全部は無理だったけど)。なかなか面白かった。みんなしてデタラメな編成を組んだもんだから、楽譜は(一つを除いて)すべて顧問であるところのこのワタシの手作りの編曲である。フィナーレ(楽譜作成ソフト)が使いこなせるようになってずいぶん楽になったとはいえ、楽譜を作るのはかなり大変な仕事なのである。何しろ、編成にあわせてどの場面でどの楽器がメロディをやるかバスをやるかハーモニーをやるかという役割を考え、それぞれの楽器の音域を考えて調を決め、和音の作りを分析してそれぞれの楽器に割り振り、実音と移調楽器の譜面の差を考えてはじめて記譜することができる。生徒は右から左へ簡単にできると思っているようだが、それなりの訓練を受けた人間でなければ極めて困難な、高度に複雑な作業なのである。それを全部で7曲もやらなければならないとは、思えばとんでもない企画を立ててしまったものだ。こっちの心づもりでは、ワタシのアンサンブル楽譜のコレクションの中から選んですますはずだったのに。
 しかも!いよいよ来週には本番だというのに、まだあと2曲、楽譜ができあがっていないのだ。それも木管の楽譜ばっかり。そのメンバーは、なんだか厄介なポップスの曲を選んだはいいが、元になる楽譜も音源も、いつまでたっても提出しない、という無責任ぶりで、おとといになってついにこっちがしびれを切らしてどうするんだ、と迫ってからようやくのことで、
「楽譜が見つかりません」
なんてふざけたことを言うので、曲を変更させて、やっとのことで編曲に取りかかることができたのだ。1年生もかなり混じっているのに、練習は間に合うのだろうか。
 今回、1部がアンサンブルで2部が合奏、ということにしたのだが、2部の合奏は全部以前にやった曲、ということにしといて本当によかったぜ。今日の午前中にその合奏の練習をして、ほぼどうにかなりそうだからな。
 一方、早めに楽譜が完成したグループは楽しげに練習しているようである。中には、勝手にテンポなんかも中間部だけゆっくりやるとか工夫してるところなんかもあって、頼もしいことだ。
 こういう練習の中で、少しでも音楽性を高めることができればうれしいことではある。

というわけで、忙しくてブログなんか更新してる場合じゃない。
【 2010/03/20 23:47 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

今日は「部活なし」

 うっかりしていたが、今日は部活なしの日であった(朝練はあったけど)。何しろ、明日が卒業式。今日の午後はその準備のために学校中をきれいにして、さらに体育館を式場として設営しなければならない。「卒業式」こそは中学校で最高に大事な行事ですから。

 ところが、27日の発表会の楽譜がなかなか来ないのだ。特に、金管とサックスが出るビッグバンドの曲。楽器屋さんの約束では火曜日には来るはずだったのに、待てど暮らせど届かない。さすがにおかしいと思って電話してみたら、メーカーがまちがえてよその学校に送っちゃったんだって。何たることだ。かなりヤバイです。で、ワタシが編曲する楽譜が一つ上がったので、それを朝練の時に大急ぎで該当する部員に配った。喜んでいた。しかし、今日から都合4日も「部活なし」なのである。練習がままならないのである。

 明日は卒業式だ。合唱を担当する音楽教師としては、期末試験に臨むような気持ちと言ってもいいだろうか。どうなるのか心配で、ヤなものである。うまくいけばいいのだが。
【 2010/03/12 20:45 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

前期試験の結果が!

 いよいよ3年生の高校入試も大詰めに近づいている。今日は公立前期入試の結果が発表された。まさに悲喜こもごもの涙の一日だったかもしれない。それにしても、県立の入試は明らかに様変わりしている。ある程度予想されたとはいえ、受検したうちの50人が不合格であった。これから最後の瞬間に向けてもう一がんばりしなければならないであろう。だが、それは必ず自分に「益」になって返ってくる。がんばってほしいものだ。
【 2010/02/24 22:44 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歌のテスト「春は名のみの」か「春、花の実の」か?

 昨日・今日と3年生の歌のテストをした。課題曲は「早春賦」。日本の音楽大学の最高峰、東京藝術大学声楽科の課題曲にもなるというなかなかの難曲なのだが中学校の「学習指導要領」の中に入っている。つまり日本中の音楽の教師が文科省に「教えろ」と指示されている曲なのである。まあ、3年生の最後の歌のテストの課題としてはまさにふさわしいとも言える。こっちもそのつもりで気合い入れて教えていたつもりだったのだが……。

 残念ながらかなりタメイキの出そうな結果であった。この曲は音域が広く、始まったとたんに低音から高音までアルペジオで1オクターブ半も飛び上がらなければいけない。これはまあ、できない人がいてもある程度は仕方ないかな、と思っていたのだが、
かなりのパーセンテージを占める3年生が
「HA RU HA~」

と歌い出したのにはまさに絶句であった。これまで教えた3年生でも、学年に必ず何人かそういう失敗をする生徒がいたので(つまり教え方が悪かったのだろう、とこっちも反省を繰り返して)、今度こそそういう生徒がいないように、と満を持して教えてきたのに…。それにもかかわらず、これほどまとまった数の、それも3年生ともあろうものが、こんな歌い方をしたのは初めてである。

今、ワタシは深刻に反省している。というよりヘコんでいる。

ちなみに、一番の歌詞は次の通り。


春は名のみの 風の寒さや
谷の鶯 歌は思へど
時にあらずと 声も立てず
時にあらずと 声も立てず

HA RU HA なのか、HA RU WA なのか、普通の日本人には明白ですよね。
【 2010/02/23 22:43 】

閉めちゃった別ブログの記録  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫