FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

古いキットは思うに任せぬ。

 新しいキットだって思うに任せないけどね。なかなかいつもと違う手順ではあるが、気楽にやろう。
SBCA0010.jpg
変なポーズだが、とにかく主脚を接着した。もとはといえば、この主脚の付け根には穴の開いたポリ部品をつけるようになっていて、そこに90度に曲がった脚柱の先を差し込めば脚の出し入れができるようになっていたのだ。これは他のメーカーのヒコーキと違って、足がぶらぶらしないかなりの優れ物であった。子供心にも「さすがはタミヤ、ア・・マとかニ・モとはワケが違うね」などと思ったものだった。ところがそれは最初のうちの製品だけで、途中から固定するようになってしまった。主脚は脚柱と脚カバーが一体化した部品になっている上、タイヤ部分の脚柱は省略、という驚くべき構成だ。いいね、単純で。機体色は一応銀色に塗る。脚カバー内側は「青竹色」に塗るが、これはグンゼ産業ミスターカラーの57番だ。この青竹色が新発売になったときには、「航空ファン」の紹介記事で、「これは正しい色ではない。実際の青竹色にするためには、まず下地に銀色を塗って、その上からこの青竹色の上澄みをサッと塗ると、実物に近いものになる。」と書いてあったので、ずっとそれを守ってやってきたが、途中から面倒くさくなって、結婚してからは思いっきりかき混ぜて使っている。今回もその単純モードである。
 そういえば、写真に写っているカラーは、中学校の時に買った「レベルカラー」の最初期のラベルが貼ってある製品。はじっこに移っているのは現行の「GSIクレオス」ってやつですな。時代を感じるぜ。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/06/21 23:29 】

4式戦闘機疾風  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

性懲りもなく手をつける

 2~3年前にリサイクルショップで偶然見つけて300円で買ってきた疾風です!
SBCA0009.jpg
自分でも覚えてない頃に手をつけてあって、パイロットの着色とか、胴体左右の貼り合わせとかはしてあったのですが、このたび本格的に手をつけました。入院中に、「決戦機疾風 航空技術の戦い(碇 義朗著)」という本を読んで、なんかその気になったのです。

 さて、このキット、タミヤとはいえ超古いキットなので、プロポーションも表面仕上げも部品の合わせもデティールもみんなダメ。デカールもダメ。もはや楽しく作って楽しく完成させるほかありません。つまりPetchuunen的にやれるってことかな。ちなみに、最近?発売されたイタレリのCR42なんか、すごいスーパーデティールのキットである上に資料写真集まで入っていて、「何が何でもこのように作らなければイカンのじゃ!」といわんばかりの構成で、買ったはいいものの引いてしまって不良在庫になりかけているから、それよりはイイのかもしれない。って、何を判断基準にしてるんだっちゅーの!

 というわけで速やかに士の字になってしまいましたが、主翼上面は組めません。なんと、主脚を組み込まないと上下を合わせられないのです。そのほかにもフラップが可働になるギミックがあって、補助翼の一部がその受けになるために膨らんでいたりとか、操縦席は昔のスタンダードで操縦士以外何も無しとか、まあ昭和テイスト満点ですね。

 塗装とかも、今ではいろいろな資料がふんだんにあって、どうしていいか迷いますが、とにかくデカールがもうムリなので、マーキングはすべて手書きにしなければいけない。前回は47戦隊にしたけど、今ではもうそんな超絶技巧は考えられない。で、いろいろ考えて、今回は29戦隊でいってみようかと思っています。さて、できるでしょうか!  乞うご期待だな。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/06/18 21:16 】

4式戦闘機疾風  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

タミヤの疾風

買ってしまった…またもや…
ヘンなリサイクルショップをぶらついていたら、タミヤの1/72疾風が315円で売っていたのです。これは中学生の頃作ったことのある懐かしのアイテム。最近はこういうのがオークションなんかで高値取引されている、という現実もあるが、今回手に入れたものは箱もつぶれて破れて黄ばんでいるし、デカールも説明書も年数を経た風格を持ったもの。ま、作っちまってもバチは当たるまいて。それにしても、ストックが増えるばかりだ。

http://petchuunen.hp.infoseek.co.jp/index.html

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2006/05/13 23:17 】

4式戦闘機疾風  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |