FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

初Legato(現AZmodel)ついにロールアウト

そういうわけで苦節3年、山のようなトラブルもどうにかこうにか片がつき、我がHansaBrandenburgB.Iは完成と相成ったのであります。
SBCA0313s.jpg
ちょっとうれしいので、写真をアップします。
SBCA0314s.jpg
ケータイで撮った写真なのでこの程度ですが。
SBCA0315s.jpg
内側に斜めになった翼間支柱が不思議な造形だと思います。
SBCA0317s.jpg
基本的にキットそのままですが、追加で工作したところを一応メモっとこう。
 ・ラジエターのステーは伸ばしランナーで工作。
 ・上翼の左右を接着するのに、真鍮線を埋め込んだ。
 ・水平尾翼の支柱は伸ばしランナーで工作。
 ・排気管は伸ばしランナーで工作。
 ・エンジン上の配管を真鍮線で追加。
 ・プロペラの軸を作り直して回るようにした。(接着することになっている)
 ・張線。
こう書くと偉そうですが、特にエッチングパーツを中心に省略したところもたくさんあります。もちろんそれはほっかむりですが…。
スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/01/26 00:03 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ついに形になった

あとは、胴体とプロペラの木目を描き込み、デカールを貼ればよい。と、その前に、尾翼の支柱をどうにかせねば。キットの部品はエッチングパーツなので扱いにくい。伸ばしランナーでごまかしちゃおう。
SBCA0312s.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/01/22 23:41 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |

いよいよゴールが見えてきた

 難しいキットだがとにかく作ろう、と思い立ってから、結局、面倒な作業が面倒くさいし、どうなるか先が見えないしで、作るのを先延ばしにしてきただけだったということか。だが、先日上翼を取り付けてからけっこう順調に進み、ついに完成が見えてきたぞ。今日は張線を張り終えたので主脚柱を組んだ。取り付け穴とかガイドとかが全然ないので、もちろんイモ付けである。強度的には最悪だが、張線を張れば安定するであろう。
SBCA0310s.jpg

あとは、主車輪とプロペラ、痛んだ部分の塗装のレタッチ、そしてデカールを貼れば、晴れてロールアウトだ。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/01/21 23:09 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

襲い来るトラブル

 これほどトラブル続きのキットは珍しい(と言っても責任はほとんどこっちなのだが)。
 きのう外側の翼間支柱を立てたので、今日はいよいよ張線に入ろう、といろいろ準備をしたのだが、結局トラブル続きで張線は明日以降、となった。
SBCA0308s.jpg
 トラブルその1:きのう立てた翼間支柱の加減が悪かったようで、上翼が下翼に対して少しゆがんだ位置にずれてしまっている。しかたなく強引になじませようとして力をかけると、あちこちの支柱の付け根がピキッ、ピキッっと小さな音を立てて翼からはがれてゆく。接着場所がたくさんあるので(16カ所)どこがはがれたのか俄にはわからないのが癪の種である。
 トラブルその2:おっとっと!みたいな感じで機体が手から滑り落ち、ふと気づいて見ると、片側の下翼が胴体から離れて、翼間支柱だけでつながっている。ほとんどイモ付けなので簡単にいっちゃうのだ。とにかく、基本的にキットのまんまというのがコンセプト(要するに面倒くさいもんだから)なので、こういういい加減なキットの場合どうしても強度が弱くなってしまう。わかってはいるのだが…。
 トラブルその3:改めてセールカラーを主翼に重ね塗りしていたところ、指についた塗料で胴体を汚してしまった!せっかく木目を表現しようとして重ね塗りしたところなのに!ナイフで削ったりタミヤのシンナーで拭き取ったり(当然木目もきれいさっぱり拭き取られる)、とんだ手間である。

 何しろリカバリーの波状攻撃である。いったいいつになったら仕上がるのだろうか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/01/16 23:57 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

地味に進める~地味にそれなり

 そういうわけで、手をつけてから足かけ3年。思い出した頃に手をつけられるだけの可哀想な存在、ハンザブランデンブルグであります。
 さすがに今日こそは屋根を上げよう、と着々進めてきました。といっても、以前翼の中で折ってしまったピンバイスの刃はとうとう取り出すことができず、そのまま近くに穴を開け直すこととなった。その上さらに0.3㎜のドリル刃を一本折ってしまい、ドリル刃だけで2000円近くかかっています。地味に金食い虫です。

 で、穴開けはとうとう終わったのですが、棟上げ前に排気管をつけなければ。キットには部品は入ってなくて、自分で作ることになっています。私はランナーを伸ばして作りましたが、太さも長さも不揃いで格好悪いこと!
DSC00403s.jpg
エンジンパーツがレジン製なので、瞬間接着剤でつけたから、意外に速くできました。

で、ついに上翼を取り付けます。翼間支柱の部品はなんだかヘニャヘニャしたモールドで、長さなんかとても合わないであろう、こりゃ全部現物合わせかな、短すぎたらことだな~…なんて心配したが、思いの外に長さはぴったり。危うさ満点のキットですが、地味に順調に進みます。次回は外側の支柱をつけて、翼間張線に取りかかろう。それにしても頼りなさげなお姿ですな。
SBCA0307s.jpg
ところが、接着剤の瓶がはねて、しぶきが散る、という重大事故が発生!機体のあちこちにくっついてしまった。なんということ!このハンザは接着剤に祟られているのか?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2011/01/11 23:07 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

恐るべし!ハンザブランデンブルグ

 作りかけのままで(あるいは全く手をつけないままで)いったいいつまでおいておくのか。そう、こんなことではいけません。わかっているんだけどね。これまでは、ストックはだいたい10個前後で推移していたのですが、ここ何年かで少しずつ肥大し始め、ついに前回の記事でおわかりの通り、30個の大台に乗りそうになってきてしまいました。ちょっとストックが増えすぎです。

 ということで、難しいのは承知で始めたHansa Brandenburg B.I。ずーっと放ったらかしだったのをこの際作ってしまおう。ラジエターと配管(徹底的に簡略化)も終わったことだし、いよいよ上翼の棟上げに向けての下工作だ。今日は張線を通す穴をピンバイスドリルで開けまくる。
SBCA0261s.jpg
(この写真、なんだか「天空の城ラピュタ」に出てくる空飛ぶロボットを連想させません?)

全部できませんでした。
高価な0.3mmのドリル刃が3本も折れてしまいました。上翼がプラスチックの無垢の部品で、妙に分厚いんだよな~。結局、ドリルの先っちょが翼の中に埋め込まれたままで作業は中断。この先どうなるのであろうか!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2010/12/14 21:09 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

忘れてたわけじゃないのよ

ハンザブランデンブルグ、本当に困りました。やってるヒマがない。ヒマのあるときはくたばって寝てる。またはボーゼンとお茶を飲む。そんな月日が過ぎ去ってしまい、ずーっと放ったらかし。でも、実は忘れていたわけではないのです。というより、1日も忘れたことがない。やらなきゃやらなきゃ、でまた1日過ぎる。で、とうとう少し手を付けました。

 まずは胴体支柱を組み上げる。といっても、真ん中にある細い銀色は何だろう。燃料タンク?オイルクーラントのタンク?それとも?
 何しろ意味不明である。それに、前の胴体支柱の途中に櫓を組んでラジエターを設置しなければならないのだが、肝心のラジエターの部品がいつの間にか見あたらない。(つまりなくなってしまった、というかまたしてもなくしちゃったのね。)
SBCA0054.jpg

次に、胴体の木目をなんとかしなければならない。今回は手抜きをして、茶色の上にタミヤエナメルのレッドブラウンをしゃぶしゃぶに薄めたヤツでサッと筆塗りする。カンジ出ましたかね。
SBCA0053.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/12/07 22:05 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

何が何でもリカバリー

 昨日接着剤の海に沈んだハンザの翼は、引き上げたときの指紋やら筋状の傷やらホコリやらが表面についている上に、表も裏もすべてモールドされた表面が侵されてテラテラにぬめっている。もはや再起不能かとも思われるが、高いキットをこんなことでフイにするわけにもいかない。一晩考えて、結局全面的にどうにもならないところはナイフで成形し、その後全体にサンドペーパーをかけて、そのまま誤魔化すことにした。ま、コンペに出すわけじゃないし、誰かが実物を手にとってためつすがめつ首実検をするわけでもなかろうから、いいってことで。
 で、ここまで来ました。接着剤が乾くまで、一晩養生することにしましょう。
SBCA0008.jpg
 一応上翼の左右をくっつけて、下翼は胴体にくっつけた。だが、資料がないことおびただしい。世の中には「ウィンドソック」なる第一次大戦専門の飛行機解説書があるらしいが、そういうのを見るわけでもないからね。だいたい、上半角があるのかないのかというところからわからない。でも一応すこしだけあることにしてくっつけた。全然無しにすると垂れ下がってるようにも見えちゃうからね。

 この後は、胴体に細か~いエッチングパーツをいろいろと貼り付ける作業が待っているし、胴体支柱の中ほどにラジエターみたいなパーツをエッチングパーツの支持架につけるなど、気が遠くなるほど面倒くさそうな工作をすることになるらしい。上翼の棟上げはいつのことになることやら。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/06/19 00:23 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

久しぶり、というかこんな大事故記憶にない!

 今日こそハンザブランデンブルグを先に進めましょう、と思い定めるも、一つ何かをするごとに、必ず余計な作業をしなければならない感じになるのが、このキットのすごいところだ。水平尾翼を接着するのに胴体後部上面を削り、コックピットを半分埋めるための部品は大きすぎるから削って縮めなければならない。おまけに、そんなややこしい作業をしているウチに接着剤のビンをひっくり返し、それも、すき間流し込み用のヤツだからたまったものではない。アッと思ってメガネをかければ(老眼だから細かい作業の時にメガネを外している)あたりは接着剤の海。その海の中に下翼の部品が左右2枚、完全に沈んでいるではないか! あわてて救出するが、これはのっぴきならない状況だ。娘にもあきれられるし嫁さんにも怒られるし(そりゃそうだ、ダイニングテーブルを一つダメにしちゃったようなものだからね)、メッチャへこんだのは確かである。

 一応、それでもこんな感じになった。
SBCA0003.jpg
この先どうなるのか。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/06/17 20:54 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

エンジンと操縦席

 何かと(メーカーの)思ったように進まないハンザですが、それでもヘタレな技術を駆使してどうにか進んでいます。
200906112002000.jpg
エンジンはレジンパーツ。操縦桿のハンドルやメーターパネルはエッチングパーツ(この角度では黒い線にしか見えない)。あっちこっち削ったり穴あけたりしてどうにか組み込みました。ローデンなんかは何やかんやいっても全部普通のプラスチックのパーツばっかりなので、まだよかったかもしれない。こんな部分は完成しちゃえば見えなくなるのにねえ。だから、いつでもここら辺はおざなりです。ってどこら辺だろうがおざなりです。ちなみに、この写真撮った後で胴体の左右は合わせちゃいました。

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

【 2009/06/11 21:29 】

Hansa Brandenburg B1(完成)  | コメント(2)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫