FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

栄枯盛衰

 久しぶりに寝室にあるロフトに上がっていろいろ整理していたら、ふと気付いた。奥の方に置いてあった学校(グリーンマックスの木造校舎のキットを組み立てて校庭とか植栽なんかを配置したdiorama)が、斜め上からずり落ちてきた別の荷物によって破壊されている‼️
なんたる大惨事であろうか!いつだかの地震で崩れたか?でもまぁ古くて埃かぶっているし、やむを得ないのかもしれない。形あるものはいつかは滅びる。いずれの日にかはNゲージのレイアウトを展開して、その一角にしようとして既に20年以上経ってしまったのだ。今後出番がいつになるのか見当もつかないし。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/10/08 21:39 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

C12蒸気機関車 by KATO

買っちゃいました、突然に。C12蒸気機関車は、小学生の頃に真岡線で見かけました。下館の駅で石炭の燃えかすを落っことしている場面とか、印象的に覚えています。で、Nゲージでも欲しいな~と思っていて、かつてナカセイのものも買ったのですが、不調でちゃんと走らず、そのうちアルミ製の前後誘導輪なども腐食しちゃって死蔵されているのですが、今回KATOから発売されたこれは、もはや決定版というべきでしょう。
IMG_1648i.jpg
どうですこの感じ、まさにノスタルジーの世界に世の爺さん達を引きずり込む魔力を十二分に発散していると思います。ネット通販で来たので、まだ走らせていませんが、二軸貨車を数両ひかせたらいいムードでしょうね~。と思います。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2015/07/24 23:03 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

KATOのC56

数日前、身に覚えのない荷物が届いていた。何だろう。カミソリの刃とか仕込まれてないよな~などと、すこ~しおぞましく感じつつもパッケージを説いてみると、なんと!1~2ヶ月ほど前に予約注文してそれっきり忘れていたこいつ↓が姿を現したではないか。
IMG_0032s.jpg
KATOのC56小海線仕様。「高原のポニー」ってやつですな。ファーストロットは売り切れちゃってて、プレミアがついて出回っているものもあったが、こっちはそういうものには目もくれず、セカンドロットが出てくるのを待っていた、というわけでございます。むか~しにナカセイが出していたC56は貧乏学生だったこともあってついに入手できず恨めしい思いをしていたので、長生きをしてよかった、ということもできます。
 さて、小海線沿いには数両のC56が保存(放置)してあって、その状態もきわめてよろしくない、と思っていたのですが、最近では少しはちゃんとされているように思えるようになってきました。鉄道文化財は大事にしてほしいものです。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2013/10/29 22:27 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

少年時代

結局、全く手をつけぬままに1年が過ぎ去ってしまった、この「鉄道模型少年時代」の山。
SBCA0262s.jpg
そして、定期購読者特別プレゼントのオリジナル気動車も、年内に応募券を台紙に貼って出版社に送らなければならないので、まずは本を全部引っ張り出して順番をそろえ、欠番がないか確認する。

次に台紙に応募券を貼るのだが…。
SBCA0263s.jpg
何か、メチャメチャめんどくね?これ、50枚も貼るわけ?

で、一冊ずつ引っ張り出しては最後のページから応募券をはさみで切り離し、台紙にちまちま貼りまくる。

けっこう時間がかかったけど、全部貼った。けっこうきれいでしょ?
SBCA0264s.jpg
明日、投函してくるわ。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2010/12/17 22:47 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

お座敷運転のリニューアル

ここんところ、お座敷運転がマンネリ化しちゃったのでちょっと気分を変えようと思い立ち、カトーの複線線路を購入してみた。円周ができるだけのカーブレールと、ストレートレール4本。直線部分が少ないようだが、まあいいだろ。もともとのレールもあるし、と軽く考えていつものように定宿にしているリゾートホテルの和洋室へ。

 この複線線路の中でもカーブレールには、何と!カントがついているのである。車両も最新のテクノロジーで発達していてすごいことであるが、レールについても本当に知らない間にずいぶん進歩したものである。ところが、いざお座敷レイアウトを組んでみると、これがさっぱり自由度がないのだ。それというのも、カントがついているレールというかプレートどうしを逆さまに組むことができないのである。つまり、複線線路のままでS字カーブを作ることができないのだ。S字カーブを作るには、間にストレートレールをかませなければならない。これは大きな誤算であった。以前からトミックスのレールと併用してきて、ストレートはそっちを中心にしていたので、部屋の中を縦横にレールを引き回して、というわけにはいかなくなってしまった。やっぱり最高に自由度が高いのは「フレキシブルレール」だね。
 というわけで、ありったけのユニトラックと脳味噌の中身を振り絞って組んだのがこれ↓である。向こう側を走っているのはC60の100番台(マイクロエース)に牽引される10系寝台急行(GMのキットを組んだもの)である。
DSC00318.jpg

 さて、毎回あまり出番のないカマを(といっても今の家に引っ越してから10年というもの、自宅にいる限りでは全く出番なんかない)連れてくるのだが、今回はまず、学研のEF60である。パンタグラフは架線集電もできるという優れものではあるが、ちゃんと立たない、というのも情けないが。テールランプは赤の色差しさえもないという素朴な作りの機関車である。1980年代前半に西武デパートかどこかで安売りしていたのを購入したのだ。古い割にきわめて快調な走行ぶりがうれしい。従えている荷物列車のマニ41は珍しいナカセイの完成品である。
DSC00317.jpg

 これはGMのキットを組んだクモハ53。ずらっと並んだ小さな窓と運転席側のパンタグラフが勇ましい。箱の中から出てきて走るのは何年ぶりのことであろうか。
DSC00315.jpg

 カント付きのカーブレールの上で傾くクハユニ56。GMのキットを組みました。
DSC00314.jpg

 スカ色の戦前タイプの旧型国電は10両保有(うちM車2両)していますが、もっとたくさんあってもいいですね。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2010/08/29 21:08 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

上越六日町高原ホテルにて

 お泊まりに行けば、いつもの虫が騒ぎ出す。そして、Nゲージ鉄道模型のお座敷レイアウト。今回は新たに購入したスーパー機関車、カトーのC62とトミックスのC57だ。

SBCA0099.jpg
こんなお粗末な舞台でも、我が機関車たちは快調に走り回る。けなげである。


SBCA0098.jpg
まずは、カトーのC62東海道型。牽引する客車は当然、最後にマイテ49を置いたスハ44系である。グリーンマックスのキットを組んだものだ。卓袱台の脚の間を疾駆する。


SBCA0100.jpg
 次はトミックスのC57135。バックに見える干したタオルとか座布団が旅情を醸し出しているでしょ?
 この機関車は北海道仕様の小さなデフレクターや密閉式のキャブなど、普通のC57を見慣れた目からはちょっと変わった雰囲気である。せっかくC57をリリースしたんだから、トミックスももうちょっと普通のタイプも出してもらいたいですね。それと、この機関車は低電圧でも突っ走ってしまう。今回持ち込んだカトーの古いコントローラーではレバーを動かした瞬間にすごいスピードで発車してしまい、低速走行ができない。


SBCA0101.jpg
帰りに寄った、どこかの道の駅にいた猫。人なつっこい。そばに寄ってきただけで足のあたりがふわっとあたたかくなった、と家内が言っていた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2010/03/15 22:42 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

C57135をためつすがめつ

今頃届いたC57であるが、昔のトミックスに比べて、隔世の感がある。もう、全然違うじゃん!先輪の重厚な雰囲気ったら、どうよ!動輪の穴も、抜けてるし!
SBCA0058.jpg
もちろん、運転席もちゃんと作られている。北海道仕様だから密閉式になっているところがちょっとポイント低いけどね。
SBCA0059.jpg
先日のC62にも通じるが、これが21世紀のNゲージ蒸気のスタンダードとなった感がある。長生きしてよかったわ~。

しかし、少しずつ気になってきたのだが、コイツらが引っ張る客車がなんだか在籍が少ないような気がしてきた。実はGMだとかナカセイの客車キットが、少なくとも12両以上、仕掛けられたものも含めてすでに25年以上凍結保存されているのだ。いつまでも放っといても、完成しないままこっちが棺桶入りになってしまっては切ない。どうにかならんもんかね~。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

【 2010/01/03 23:19 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

C57135

 7月に予約したトミックスのC57135が今頃になって届いた。この間衝動買いしちゃったC62と支払いがかぶっちゃうじゃないか!カードの請求書を見るのが怖い!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2009/12/26 20:36 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

C62…感動

 そういうわけで、買ってきたC62を引っ張り出してためつすがめつ、する。
SBCA0055.jpg
…すごい。完成品にして、これだからね。本当にすごくないか?しかも、モーターはボイラーの中に完全に納められて、運転席はしっかり作り込まれている。まさに、夢の機関車である。

SBCA0056.jpg
あれ、カプラーがアーノルトじゃないぞ…、と。ちょっとまずいなこれ。もしかして、客車の方もカプラーを交換しなければならなくなるんじゃない?カトーカプラーNでOKらしいが、そうなると、コイツが牽引する客車、スハ44系のカプラーを交換しなければならない。そうするってぇと、同じくスハ44系を牽引する茶色のEF58の方はどうなる?確かトミックス製のカマだったから、カプラーもそう簡単にはチェンジできないんじゃなかろうか。んー、なんだか困ったなぁ。まあいいか。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/12/01 22:26 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ほおむぺえじのこうしん

 そんなわけで、何と2年ぶりにホームページ「ヘタクシズムの嵐」を更新したことになった。といっても、ようするに、先日通りかかった横軽の旧線の遺構の写真である。ありふれてて、どうってこともないとは思うけどね。しかも、近づきすぎて第3橋梁の全貌は写せなかったでござる。

           詳しくはこちら。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

【 2009/06/26 23:28 】

Nゲージ  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫