FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

吹奏楽部の大掃除

 今日で年内の部活が終わり。ということで午前中に合奏やって、午後からは大掃除だ!
中学生ってなんでだか知らんが、こういうの大好きなんだな。で、みんなして大はしゃぎで作業開始。まずはパート棚の整理整頓。永年の間にたまりにたまったガラクタをみんな捨ててやる!と決意し、不要物は全部第2音楽室(机といすを片付けて広くしてある)の真ん中ら辺に集めとけ!と指示を出すと、ま~~出るわ出るわ、小気味のいいこと。で、そのあいだず~っと、
「センセ~これはどうしますか。」
「センセ~これは捨てていいですか。」
とのべつ幕なしに質問攻めである。こっちももう気合が入ってるから、
「あ~それは捨て捨て!!!」
「それはそっちに置いとけ!あ~!!違うがな!こっちだってばよ!」
「ばかやろ~そんなの捨てるやつがあるか!」
「いらんだろうがそんなもん!」
「え…でも~~…」
「じゃ、聞くけど使う予定あるのかよ、そんなもん?」
みたいな会話とともに,無闇矢鱈と捨てまくり、移動しまくり、気づいてみれば部活終了時間が迫っている。今の時期、部活終了時間をうっかり過ぎるとすぐに日が暮れてしまうから、そうなったら大ごとだ。で、準備室の吹奏楽関連は何とか整理し終わって、しかし第2音楽室は、いるものもいらないものもひっくるめてごった返したまま、ついに時間終了。最後に鍵締めの部長連中が帰った時には終了時間10分過ぎ、という困った状態だったが、まあ主力部隊はみんな校舎から出たからやむを得ない、ヨシとしよう。(本当は絶対にまずい。)
 で、俺も帰ろうか、と職員室に戻ってみたら教頭先生がいて、
「あ、いいところにいた。」
「え」
「あのさ、指導案(年明けの正月17日に指導課訪問で公開授業なので数日前に提出期限だったヤツ)なんだけどさ、修正してほしいんだけど!」
「どっひゃ~~」
「ここなんだけどさ。今すぐやってくんない?」
「へ~~い。どれですかぁ~。」
みたいな仕事がいきなり発生してきて、でももうすでに外は薄暗くなっているんですけど。
まあ幸い、文章の中に句読点が抜けてるとか、そういう些細なミスの修正だけで済んだけど、最後の最後でそんなのやってたりしたら、もはやとっぷり日が暮れて外は真っ暗。で、教頭先生は、ほかの先生方にも電話したりして、修正を要求しているんだけど、それがなんだか妙に重い修正ばっかり指示している。やれ、評価が記載されてないとか、「指導の目標」と「本時の学習」の整合性が取れてないとか、結構頭を悩ますことばかりである。そんな(俺に言わせれば)トンマな指導案、なんで提出なんかしてるわけ?みんな俺みたいなボケ老人と違って若くて優秀なはずなのに何やってるんだろうか。と言いたいのをとりあえずこらえて、何というか、帰ってきました。
今年もお疲れさん。来年も頑張りましょう。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2017/12/27 23:50 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歴史ある吹奏楽部のお掃除

ここ何日か、音楽準備室の整理にハマってしまった。何しろとんでもなく汚いし乱雑だし腹は立つし手間はかかるがなんだか面白いのである。
とにかく古~い吹奏楽部なので、古~い楽譜が大量に放置されている。しかも小さな引き出しがいっぱいあってそれにアルファベットのシールが貼ってあり、題名の頭文字がそれに従って分類され、片付けてあるのだが、まずはそこがしっくりこない。例えば、「B」の引き出しから「バラの謝肉祭」が出てくるのって、どうなのよ。妙な違和感がある。「D」の棚から「大地讃頌」が出てくるのはまあ普通だけど、「大草原の歌」が出てくるのはなんだかおかしい。さらに、「小鳥売りセレクション」が「D」の引き出しから出てくる理由は、封筒に「Der Vogelhändler」という題名が書いてあったからでしょう。アルファベットなんかもはや意味をなしてない。
その上、半分、いや3分の2以上は原譜ではなく、コピーの楽譜である。それも古くなって、貼り付けたセロテープが茶色に変色していたり、封筒を補強したクラフトテープのノリが劣化して触っただけでパラっと取れちゃったり、演奏に実際使用して書き込みだらけのやつをそのままコピーしてあったり、シミだらけ、しわくちゃだらけ。おまけに欠損のパーツもけっこうあって使い物にならず、ただのゴミでしかないものばかり。触っただけで顔が痒くなりそうで、少なくとも手は痒くなる。手書きの楽譜というのも多い。かつてコピー機なんかなかった時代にはよく楽譜を手書きしたものだが、これらは、書いた本人しかわからないか、書いた本人がそばに居合わせるかしないとわけがわからない場合も多い。ともかく何のためにこんなのを後生大事に保存しているのか、意味がわからん。まあ、気にしないで目をつぶって今まで放ったらかしてきたのでしょう。「バラの謝肉祭」や「吹奏楽のための民話」なんか、そういう状態のがなんセットもでてくる、つまり引き出しにしまいこんだらそれが最後で、あとの人は新たに譜面を用意するというわけだ。ミュージックエイトの「君の瞳に恋してる」なんか、原譜が2セット出てきたからね。引き出しに楽譜をしまい込むというのは、保存方法としてはどうしようもなく非効率的じゃないか。

で、この際引き出しを全部ひっくり返して、不要なものは一切捨てよう、と決意した。一世を風靡したであろう、しかし今や誰も題名を聞いたことのないようなポップスの楽譜とか、持っててもしょうがないし、必要なら改めてどこかで探してくればよろし。それに、わざわざそんなことしなくても、今は演奏するための楽譜なんて実に豊富に世の中に出回っている。コピーの楽譜なんかも、著作権法上問題あるし、汚いばっかりだ。昔のコピー機の調子の悪いのに当たったやつなんかは、かすれてたり黒ずんでたり、裏写りしてたり別の紙に転写されていたり。

ところが、面白いこともあるんですよ。中には原譜もたしかにいっぱいあって、しかも古~いやつが出てきたりする。「りんごの谷」とか「イシターの凱旋」とかね。まだアルファベットの「D」までしかやってないけれど、結構面白い楽譜がいっぱい出てきた。この先どんなお宝が眠っているのか、興味はつきない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/09/15 23:09 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

サルスベリ。美しい。

 今年の吹奏楽コンクールはあえなく銅賞で終わってしまったが、我が息子の出番が今日なのであります。かつて部活の指導者はどんどん老いていき、後継者不足が心配されたのだが、ふと気づいてみると吹奏楽部の役員会なんかは知らない顔ばっかり。世代交代がいつの間にか進んでいるのです。なんたって、自分の息子が同じ土俵に立つようになるんだから、そりゃそうだ。しかも、それぞれがかつての強力な顧問のもとで吹奏楽を叩き込まれた経験を持つ強者ばかりなのですよ。埼玉県の吹奏楽部はもはやどうにもならないほど先鋭化しているのです。
 ということで、単なる親バカとしていつものコンクール会場にいってみると、いつもは見えない景色が目に入ってきました。
IMG_3571i.jpg
素晴らしいサルスベリじゃありませんか。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2017/08/07 20:07 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

定期演奏会

ほとんど思った通りの定期演奏会ができた。

第一部  ジャズ特集    A列車で行こう
                 イン・ザ・ムード
                 ムーンライト・セレナーデ
                 シング・シング・シング
第二部  劇のステージ   恋
                 明日もハレルヤ
                 その他
第三部  メモリアルステージ  マゼランの未知なる大陸への挑戦
                    夜明けのメロディを1年にソロをさせて、それをバックに3年生の引退式
      卒業生を交えて    天国の島
                   パイレーツオブカリビアン
  アンコール  コパカバーナ 

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2017/03/20 23:22 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

野外演奏。寒いじゃないか!

今日はいりそ感謝祭というイベントで、わが吹奏楽部の演奏がありました。曲目は、スーザの雷神、スマップのJoy!、マツケンサンバ。アンコールでTutt!。
ところが!このところの天候不順で体調不良者続出です。朝から
「今日発熱で休みます。」
なんて電話は入るわ、
「腹痛で、これから出ます。」
なんて言ってくるのは(複数)いるわ。もちろん目の前にも、風邪ひきましたなんて部員がいる。基礎合奏でも何となく音が元気ない。天気はどんより曇って、さ~むいし。こんなんで野外での本番、生徒がの健康が心配だ。

 そうこう言いながらも朝早めに行って、マツケンサンバでダンスの生徒が使う小道具(ハタキみたいなやつね)の柄をプラカラーで白く塗ったくり、いつものように練習は進み、アンコンの練習までしてるうちに主催者が出してくれた楽器運搬のトラックが到着(14:00)。
もうやるっきゃないね、寒いけど。

で、手順通り手はず通り(ほぼ)進み、無事に演奏してきました。お年寄りが多く集まるイベントで、喜んでもらえたようで、なによりよかったです。活動全体を見渡せば、まああちこち課題はありましたが、それは次回に向けて頑張ろう。

そんなことより、今日は日曜日。明日からまたふつうにお仕事だ。早く帰ってゆっくりして、今晩はよく寝よう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/10/30 19:43 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

草むしり~ピアノレッスン

昨日午前中部活でした。なんと、やらなきゃいけないことがありました!
草むしり!
部活ごとに、夏休み中2回がノルマなんですよ。貴重な練習時間だが、中学校あってこその部活動ですからね。お盆時期で欠席も多いところですが、出席した部員全員でグラウンドに出て、野球部がキャッチボールしてるところに肉薄して開始する。そこら辺が一番困った状態だったからね。野球部も
「吹部?」
と一瞬怪訝そうな顔をするが、すぐに全く気にせず練習続行。
それにしても、こういう時にけっこう部員の本性が出る。ちゃらんぽらんかと思った奴が意外にきちんとしてたり、集中力がある子・無い子…。1年生はかなりいい感じの生徒が多いことが改めてわかる。
 まあ、日差しが強くなくてよかった。台風だのなんだの雨降った後で、固いグラウンドに生えた草も簡単に引き抜くことができて、条件的にはよかったです。炎天下で気温35度なんて所ではやっぱり躊躇しちゃいますからね。へこたれないうちに30分ぐらいで一段落させて戻ってきた。
後で、体育の先生から、
「吹奏楽部は草むしりしてもあんまり恩恵ないよね~ごめんね~」
なんて言われてびっくり。今までそんなこと考えたこともなかった。普通に学校の一員だからやるんだろうが。なんと返していいかわからなくて、返答できませんでした。

 午後からは、校内音楽会のピアノ伴奏をする生徒を呼んでレッスンをしたんだけど、2時から来た連中(3年女子二人)にびっくり!
なんと全身ぬれねずみ!!
「どうしたん!(学校に)どうやって来たの?」
と思わず声かけると、
「歩きですよ~。傘とか全然役に立たなかったよね~。」
とびしょびしょの靴下を脱ぎながら仲間と顔を見合わせる。それまで気づかなかったけど、外を見るとすごい雨です。それにしても、そういう言ってみれば、大きなお姉さんたちがずぶ濡れというのはかなりシュールな図です。一人なんか楽譜までびしょびしょで、乾かさないとピアノの上に広げることもできない。もう一人は
「今(ピアノの)椅子に座ったら椅子がぬれちゃいますよ~」
なんて言ってる。結局レッスンが開始できるまでに20分もかかって、しまいに心配した保護者が迎えに来て、なんだかすごいことになってしまいました。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/08/19 11:17 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

家内制手工業による強化策

いわゆる、「ブレスビルダー」を建造中であります。今回作るのは新たに入部した1年生用。
IMG_2324i.jpg

できた!
IMG_2325i.jpg

長野の方のどなたかのHPを参考に製造しましたです。お金は初期費用(工具)は結構かかったけど、製品そのものの原価は150円弱でありましょうか。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2016/05/14 00:39 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

決まらない課題曲

 課題曲が決まらない。これほど決まらないことは今までなかったと思う。「スカイブルードリーム」か「クローバーグラウンド」か。大体からして、どっちがやりたいか、という自分自身の基準が、今回に限ってないのである、全く!100%どっちでもいいのだ。だって、くだらない曲なんだもん。どっちも素人が作った曲で、ありきたりのメロディーをおぼつかない和声法で何の工夫もなく装飾しただけ。今年に関しては選考過程で問題が発生して、審査方法に問題があるんじゃないか、という話も漏れ聞こえている。曲が決まった以上は、全国の吹奏楽部がその曲に必死に取り組むんだからさあ、いい加減なことはしてほしくないよ。でも、決まったということで世の中に出てきてしまった以上は仕方がない。どっちか選ばなければ。マジ最悪!である。

 結局、きょうの部活では、いつも来ている外部指導者と、たまたま現れた卒業生と、Tpパートの3年生などからいろいろ諮問を受けて決めようと思ったのだが、またしても決め手となる意見が出てこない。どうすりゃいいんだ!?

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2016/05/04 20:47 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

新入部員が15人!?

 新1年生の「入部届」の提出期限が今日である。職員室にはそれぞれの部活の名を記した大型の封筒がずらりと貼ってあって、そこに入部届を入れることになっているわけだ。気になるので、何度も封筒の中をのぞくと、午前中の段階で5クラス中2クラスの担任の先生が届け出用紙を取りまとめてその封筒に入れたらしい。吹奏楽部の封筒の中身を勘定すると、なんと11枚も入っている。すごいじゃないか。2クラスで11人。ということは今年度の新入部員は25人超えるか?などと皮算用をしながら、たまたま午後から出張だったので学校を離れていろいろ会議とかして、17:00学校に戻る。さて、何人入ったんだ?

すでに担当者が集計してあった結果を見ると、なななな何と、大どんでん返し!たったの15人しかいないじゃないか!
思わず目を疑うが、動かしようのない現実だ。3組なんか、一人も希望者がいないじゃないか!どういうこと?担任がなんかよからぬことでも生徒に吹き込んだか?なんて、くだらないことを想像して謂れもなく担任を恨んだりするが、バカバカしい。たとえ脳内だけのこととはいえ、お前、大人だろが!

思い切りテンション下がって、帰宅の途につきました…。
でもまあ考え方を変えれば、やる気のある奴だけが入部した、と言えないこともない。吹奏楽部にとって人は宝である。15人の1年生を大事に育てようではないか。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2016/04/22 23:55 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

トランペット吹きの休日

 新入生オリエンテーションという行事があります。生徒会が主催(という形をとって)して、専門委員会とか、部活のこととかを説明する。その最後に、吹奏楽部が「歓迎演奏」というのをやらせてもらえた。ここでの演奏の良しあしで新入部員が少しでも増えればいい、と気合を入れて演奏した。でも、いつでもそうなんだけど、1年生の反応って、さっぱりわからんのだよな~。
 結局、周辺で聞いていた2年生3年生とか、先生方とかが、
「すごかった!」
「感動的だった!」
と言ってくれてよかったです。
 特に、最初にやった曲、「トランペット吹きの休日」は、ウチのトランペット隊がどうなるかちょっと心配だったんだけど、見事に最後まで頑張り切って、うれしいことである。よくやった!愛いやつじゃ。

本日の演奏曲~「トランペット吹きの休日」「Follow me」

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2016/04/12 22:52 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
≪ 前ページ  | ホーム |  次ページ ≫