仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

年度末。タイヘン。

家内は緊急入院してしまい、絶対安静。それでも世の中の歯車は回っていく。こっちは29日までに指導要録を書かなければならない。校長は今月末の定年退職を控えて色々仕事を抱えており、その日までにいろんな帳簿を仕上げてもらわないとやばいことになっちゃうんだってさ。人のことは言えない、こっちも実は一緒に定年退職であります。そこに向けてやっぱりやっとかなければならない仕事が大量にある。それなのに部活も放っておくわけにはいかない。なにしろ先日の定期演奏会まで全力で取り組んでいたから、次年度のコンクール課題曲をそもそも未だに譜読みをしていない。それを今週中に4曲全部とりあえずやっちまいたい。午前中はそれで潰れる。
午後からは要録、夕方からは身辺整理。ヘトヘトです。
それでも20時で終わりになってしまう病院の面会時間を考えて仕事を切り上げ、病院に寄る。それから帰る。犬も猫も一日放ったらかしだ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/03/27 01:38 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

まさかの緊急事態

 いざとなると、人は当然そうするでしょう、ということができなくなる場合がある。

 今日午後から家内が弟子の一人と一緒に老人施設での演奏をすることになっていた。昼過ぎ合わせをするために伴奏ピアニストを含め本日の出演者で顔を合わせ、とりあえず練習を始めたのだが、妙に家内の調子が悪い。ここんところ次男坊の結婚についての様々な出来事があってストレス溜まってるし、疲れ気味かいな、それにしてもこりゃひどくないか?本番大丈夫なのか?と流石に不安になるが、まあ大丈夫でしょう、と自動車に荷物も積んで、人も乗り込んで、出発する。
 ところが、現地に到着したらなんと、緊急事態になっている。
(ちょっと!!ここで救急車でしょう!)これはもうダメだ、というわけで急遽演奏はキャンセルし、家内の弟子(声楽)にステージをすべて任せて家に取って返す。帰宅して自動車を降りる段になったらもうとんでもない事態だ。たまたまペットシーツが車に積んであったので、それを敷いてあったのだが、そのシートが血を含んでずっしりと重くなっている。
(まずいよ!ここで救急車でしょう!)
「とにかく体を洗うから。」
といって風呂場に引っ込む家内。こっちは血で汚れた助手席を掃除する。たまたま数日前に猫がリビングのソファに盛大にゲロはいて、その後片付けのために買い足した強力ファブリーズが大いに役に立つ。なんとか自動車を処理して風呂場にいってみると、これはなんと!風呂場中血まみれの凄惨な有様、まるで包丁でメッタ斬りにされた殺人現場もかくやという光景に目を疑う。そこに呆然と座り込む家内は半分放心状態だ。
(どう考えてもここで救急車でしょう!)
「大丈夫か?医者行かないでいいのか。」
「うん」
そしてノロノロと体を洗い、リビングに戻って、
「ちょっと寒い。眠いからちょっと寝るね。」
という家内に私、
「今日は土曜日だから診察4時半で終わっちゃうから、とにかくちょっとしたら医者行くからね!」
というが、家内はそのまま眠りに落ちる。
(だから!!ここで救急車でしょう!)
で、3時、そろそろタイムリミットだ、ということで家内を起こし、着替えさせて出発する。急ごうとするが、急発進・急加速・急減速に
「ちょっとやめて!ツライ!」
というのでゆっくり走らざるを得ず、気が急く。到着して、車を降りたら病院の玄関の前でもう一歩も動けないくなってしまい、急遽中に入って事務員さんに頼み、看護師さんを呼んでもらうと、車椅子を持ってきてくれた。

診断の結果、「急性憩室出血」
緊急入院となりました。お医者さんいわく、
「なんで救急車で来なかったんですか!女性だから大丈夫だったんで、男だったらショック症状を起こして危険な事態になってましたよ!今日は土曜日で明後日まできちんと処置できないかもだから、今日と明日はベッドの上から出てはいけません!万一もう一度やったら輸血する必要があるかもです!」
体から一リットル以上の血が流れ出てしまった。
家に帰って風呂場を掃除し、血まみれの衣服を洗濯し、犬だの猫だのの世話をし、入院に必要ないろいろを持って夜再度病院へ行き、あちこちに連絡をする。その後、ボローニャの娘が電話してきて
「なんで救急車じゃないのよ!!!!」
と怒られる。
こんなことがあるなんて思っても見なかった、というときに人は正しい判断ができなくなるんですよ。無事でよかったです。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/03/25 23:58 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

定期演奏会

ほとんど思った通りの定期演奏会ができた。

第一部  ジャズ特集    A列車で行こう
                 イン・ザ・ムード
                 ムーンライト・セレナーデ
                 シング・シング・シング
第二部  劇のステージ   恋
                 明日もハレルヤ
                 その他
第三部  メモリアルステージ  マゼランの未知なる大陸への挑戦
                    夜明けのメロディを1年にソロをさせて、それをバックに3年生の引退式
      卒業生を交えて    天国の島
                   パイレーツオブカリビアン
  アンコール  コパカバーナ 

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2017/03/20 23:22 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

流星その1

FUJIMIの流星ですが…。
ネットで探して取り寄せました。
古いキットだというけれど、私が一旦プラモデルから離れた1981年以降のものだから、私の中では「新しいキット」というくくりだったのですが、なんだかこの排気管、本当なのか、と思わせるクオリティの低さというべきかも、と思ってのスタートとなりました。
(3月6日)
IMG_3175i.jpg

まあでも、飛行機の形まで一応組んでみる。
IMG_3185i.jpg

逆ガル翼のスタイルがおもったより格好いい。大体、逆ガル翼というと、F4UとかJu87とか、そういう無骨というか不格好というかデッサン狂ってる、みたいな飛行機を想像しちゃうが、さすがこの時代の日本機は洗練されたスタイルが他の追随を許さない、って感じです。
IMG_3186i.jpg
いいですね~なかなか。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/03/15 23:45 】

B7A2  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

烈風11型

烈風11型を完成させた(ことにした)。なかなか物々しい感じになった。
IMG_3154i.jpg

ものすごく大きな飛行機、って感じです。ゼロ戦とツーショットを撮ろうと思って忘れたけど、ゼロ戦って本当に小さい。(コイツと並べると。)大体からして、P47サンダーボルトよりもでかいって、どうなの。巨人機ですよ、もはや。「雷電」みたいに中央部に直径の一番大きなところを持ってくる設計思想もあるらしく、でかい飛行機が一層膨らんで見える。
IMG_3155i.jpg
(塗装はムラだらけだけど、気にしないでね。いい加減なモデリングですから。)

この角度から見ると、紫電改に似てなくもないが、更に頑丈そうな足回りとか、馬鹿でかい落下増槽とか、空母艦載機としての正しい血統を感じることは一応できる。
IMG_3156i.jpg
 
 ゼロ戦と違って、完全な低翼じゃないんですね。
IMG_3157i.jpg

全体的なプロポーションは、やっぱり「頭でっかち」に見える。軽い逆ガル翼もなんだか物々しい。翼面積は97艦攻ばりに広く、翼面荷重とか運動性能・上昇力と他のいろいろとのバランスとかに苦慮した挙句、こんなんなっちゃったのね、というのが見て取れて、それはそれで痛々しいのであります。
IMG_3159i.jpg

 次は、やっぱり衝動買しちゃった「流星」いってみようかと。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/27 23:03 】

A7M  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ドクターヘリ見ちゃった!

期末試験前の部活停止期間なので、そばを食うだけのために軽井沢へ行った。高速道路は混んでたから254号とかいろんな抜け道みたいなのを伝わって藤岡ICまで行って、そこから一路軽井沢へ。
 んで、美味しいお蕎麦屋さんがあるのを見つけたので、そこにリピーターで行ってお食事をして、帰りがけに18号碓氷バイパスを帰ろうと思ったら、シマムラがあって、家内が寄るというので、駐車場で寝ていたら時ならぬ轟音が!そもそも隣が消防署なので、出動する消防車や救急車がいきなりサイレンを鳴らし始めるので、静かな高原地帯と思いきや、意外に賑やかなんだよな~。
 で、その轟音ですが。何事ならん、と椅子の背もたれを起こしてみてみると、目の前に!
IMG_3140i.jpg
これですよ。間近で見るの初めてだからびっくりしました。

さらに帰りも下の道を進んでいくと、富岡のあたりか、以前に通りかかったときも気になってた古げな建物があったので、今日は近くまで行ってその正体を探ってみた。
IMG_3150i.jpg

なんか、「碓氷社」とかいう会社の社屋で、明治時代に建てられてそのままの状態を保持している、という、市の重要文化財の建物らしい。外壁なんかきれいに補修してある感じだけど、なんだか歪んだ感じのガラス窓とか、レトロ感満載の建物です。
IMG_3143i.jpg

 それから、あっちこっち買い物しながら帰宅しましたとさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/02/25 22:29 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歪んだデッサンのスーパーゼロ戦

やってます。
今回はマーキングは日の丸だけで、手書きで行こうかと。白で丸い下塗りをしましたよ、と。「試製烈風」じゃなくて、「烈風11型」なので、実戦配備されたらどんな顔になっていたのか、そういう興味を形にしてみたくなったのです。日の丸も「彩雲」を見習って、ちょっと小さめのフチなしでいってみようかと。
IMG_3136i.jpg
でもこの飛行機、格好良くない。
 この飛行機を見ていて思うけど、烈風って、本当にでっかい。緒戦の夢よもう一度、という思いもあったんだろうけど、烈風は烈風であって、「ゼロ戦の再来」ではない。最近、平成のゼロ戦とか、なんちゃらのゼロ戦とかいうキャッチフレーズの飛行機の話が聞かれることがあるけど、あんまりいい傾向とは思えないね~。何でもかんでも何か過去にあったものになぞらえるのって、本質を隠してしまうんじゃないかって感じる。ものを作ってる技術者だって(これはゼロ戦なんかじゃない!俺にはこだわりがある!)みたいな自負心があるはずなのにそういう心を尊重してないようにも感じる。
蒸気機関車が引退する1975年前後にも、猫も杓子もSLだSLだって言っててさ。ちゃんと「蒸気機関車」って言えよ、っての。そうこうするうちに結局、今じゃレールのうえを走るものはすべて、貨物列車でさえも含めて「電車」だもんね。言葉にこだわらなければそういう風になっちゃうんだよ、きっと。嫌だね。)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/17 23:15 】

A7M  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

スーパー零戦の夢

何やら衝動買いしてしまった烈風を開始してしまった。どんどん不良ストックが増えていく一方だ。いったいどうしちゃったのか。自分自身でもよくわかりませんって。
ということで、ゼロ戦の後継を目指した艦上戦闘機「烈風」ですね。ファインモールドのキットですが、これ、実機同様かなり大味なキットのようだ。
IMG_3056i.jpg
そもそも主翼や尾翼の角度がようきまらない。

どうにかこうにか士の字にしてみたところが、機体下部にとんでもない隙間が生じてしまった。タミヤのパテで埋めようかと。
IMG_3058i.jpg

なんやかんやでエンジンも組んで首を据えてみる。
IMG_3059i.jpg
でかい飛行機である。P47サンダーボルトよりも大きいんじゃないか。もし「誉」の生産がうまくいってて調子もよくて実戦配備されて空母に搭載されたとしても、日本のパイロットがこんなでかい機体を「戦闘機として」操ることができたのだろうか。

何はともあれ、機体の塗装に入る。
IMG_3061i.jpg
うまく完成まで持ち込めたらお慰み。である。何しろここから先はランディングギアなど面倒な部品の処理が開始される。マーキングも今回は全部手書きで行ってみようかと、丸のステンシルを用意してしまった。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/14 00:08 】

A7M  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

航空母艦とは何ぞや

ウォーターラインシリーズなんてものすごく久しぶり。20年以上は離れていたかも。

 最近は我が国も、覇権主義のファシズム国家(つまり隣の大国)との間で、何かときな臭い話題が多く、軍事ネタも以前に比べるとずいぶん目に留まるようになってきた。自分が中学高校の頃なんかはそんな話題を交わす奴らなんかは、内容はともかくただそれだけで「好戦的な軍国主義者」という(当時としては侮蔑的な意味を強く持った)レッテルを貼られて蛇蝎を見るような目で見られたものだったから、隔世の感がある。だがそれがいいことかどうかは別問題。
 で、海上自衛隊の護衛艦も驚くべき進化を遂げて、ついに航空母艦を保有するに至ったわけで、ご同慶の至りである。この間、衝動的に購入しちゃったので、責任を取って?制作を開始したのであります。船体の左右が分かれた構造になっているキットは今回が初めてだったが、想像以上に組み合わせもよく、無事に進水した感じ。
IMG_3052i.jpg

次はさっそく飛行甲板の取り付け。大きな船のようですね。
IMG_3053i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/05 00:11 】

空母出雲  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

橘花その3

組み立てを進めて塗装も進める。
IMG_3054i.jpg
かなりスマートな設計の飛行機であることがわかる。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/03 19:51 】

J9N橘花  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫