FC2ブログ
仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

petchuunen

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

若き戦士

ウチの18年物のゆずの木が、今年はついに実を結びそうなのである。まあ、何回も裏切られているので、あまりあてにはできないのだが、それにしても今のところ直径5ミリほどになったいくつかの実がまだ落ちずに木に残っているので、ついシゲシゲと木をみてしまうのであるが。
今日も今日とて、柚子の実の状況を確認していたら、何やら細いありんこのような虫がいる。よくよく見ると、コイツだ。
IMG_6516i.jpg
まだ生まれたばかりのカマキリである。こいつらは、孵化した直後だけは変な格好をしているが、その後は成虫のスタイルになる。こんな小さいうちから三角の頭にでかい目を見張って鎌を抱えているなんて、なかなかりりしいではないか。
スポンサーサイト



【 2020/06/07 00:23 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

アベノマスク

アベノマスク。我が国の政府はいったい何を頓珍漢なことをやっているんだ?という揶揄のこもったネーミングですな。確かにそういうことを、なにも政府がやらなくても…という思いはあるが。
で、やっと来ましたよ、我が家にも。だが、もっと何週間も早い時期に、何と、「坂戸マスク」という、我が居住する自治体独自のマスクが届いていたのである。
IMG_6512i.jpg
坂戸マスクの方がアベノマスクよりもいい感じである。というより、圧倒的にいい。ガーゼが分厚いし、サイズも大きい。

とはいえ、ウチでは当面間に合ってるんだよな~。何しろ、そういうことが大好きな?我が家内が、ネットで型紙を拾ってきて自作しちゃったからね。今後のためにストックしておこう。この騒ぎ、いつになったら収束するかわからないからね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/05/31 22:02 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

言論統制?

学校は3か月も休みになり、 始まるとはいえ普通の生活は当分戻らない。特に私のような音楽教師は影響をもろに受けて、仕事そのものに大幅な変更を余儀なくされている。生徒も学校再開後の音楽の授業にはガッカリするであろう。校務員さんと世話話した時にも、
「音楽嫌いの子供が大勢出ちゃいますね~」
と、(こっちにしてみれば心無い言葉で)慰められる始末。しかしそれはワタシのせいではない。情報を隠蔽して人的交流をストップせずに危険なウィルスを世界中にばらまいたどこかの国が悪いのである。で、せめてもの腹いせに、学年だよりの文言に、ちょっとした言葉を入れて起案しといたら、なんと赤が入ってやがった!
IMG_6511i.jpg
まあ、このまま発行すれば多少角が立つかもしれないのは想定できるのだが、それにしてもかの国の恐ろしさは、最近では看過できない状況である。今回のコロナ隠ぺい問題はもとより、尖閣もそうだし、虚構の南京虐殺もそう、どこでもかしこでも、やりたい放題・嘘つき放題。そういう問題意識をわれわれがしっかり持たなければいけない国家危急の時なのに、こういうちょっとした言論統制(おそらく朱を入れた本人はそうとは思っていない。ちょっとした違和感を感じただけのことなのである)が積み重なることで、問題の焦点がうすぼけていくことには恐怖を感じる。
日本、このままでいいのか?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/05/30 23:30 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機…

翼間支柱が8本。大きめの複座偵察機なんですね。やっぱり。
IMG_6509i.jpg
この支柱は長さが合わなくて、多少調整するようでした。しかも何だかブットいです。
ちなみにこのモデルは販売元は知らないけど、Made in China …最近気づきました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/24 19:25 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機なんだか

複葉機の棟上げを久々に開始した。
IMG_6507i.jpg
変な顔の飛行機なので、変な写真写りであります。

胴体支柱の途中にラジエターが設置してあって、配管なんかもむき出しですね。
IMG_6508i.jpg
上翼下面と下翼上面だけちゃんと塗装してあるので、なんだか汚い感じ。張線やったら上翼をちゃんと塗るという手順です。いつも通りですね。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/23 20:20 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機、合せメチャ悪いです

胴体上面(水平尾翼が一体化)を本体に接着しようとしたら、まずエンジンを組み込まなければならに事がわかり、部品に色塗ってプロペラ軸なんかも調整して機首に装着。このエンジンは空冷星形だと思うんだけど、完全な星形にシリンダーが並んでいるわけではない。変な形である。フランスのサルムソンのエンジンということだが、(だからアナ=サルっていうみたい)どうなんですかね。
IMG_6484i.jpg

で、胴体上面を機体に載せてみるが、合せが全く悪いのである。機首部分は隙間ができちゃうし、水平尾翼はざっぱり水平にならない。合わせ目どうしの精度が悪すぎるし、部品の内側のモールドが雑で、ちゃんと安定しないのだ。
IMG_6485i.jpg
あっちこっち削ってそれなりになってきたが、まだもう一息頑張って削らないと、しょうがないかも。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/15 01:57 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

捨て植えのバラ。今年は頑張ってる

今年のバラはけっこう大輪です。しかも花の数が多い。
IMG_6482i.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/05/14 17:53 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

9月新学期っての、やってくれないのかい

とりあえず、今のところの予定では、わが県では6月1日(月)に学校の授業を再開させることになっている。そして、第2第4土曜日は半ドンの授業。1学期の終業式は8月7日。2学期の始業式は8月18日なんだって。そして、それでも授業時数は大幅に足りず、いろんな行事を中止にする方向だそうな。まあ、ウチの市の小中学校は校舎にに冷房が入るから、夏休み返上でも環境そのものにそれほどの問題があるとは思えないが、もう何も言えませんね。

無理しないで9月新学期を導入すればいいのに。東大なんか、優秀な学生が卒業を待たずに海外に流出しているんだって?やっぱり今の時代はグローバルに考えていかないといけないと思いません?

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2020/05/11 23:18 】

どっちかというと業務日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

吹奏楽コンクールが中止に?!

「当然のこと」として予測していたとはいえ、現実に直面してみるとけっこうショックである。吹奏楽コンクールの全日本大会が中止となった。8月アタマに行われる地区大会もほぼ絶望的だ。
 誰が悪いといえば、ズバリ中国政府が悪いのである。「武漢ウィルスは研究施設から漏れ出した生物兵器」という噂は最初っから出回っていた眉唾話だが、事の真偽はともかく、実際のところあいつら武漢ウィルスを国威発揚のための「兵器」としてフルに活用してるじゃん。
 ま、それは置いといて。
 部活動(吹奏楽に限らず)が感染拡大の温床となる場面をこれまでにも何度も、実際に見聞きしてきた。インフルエンザが流行している時期に市民会館大ホールのような、あちこちの団体が集まって行われる行事で一気に広がる、なんてことは結構聞く話だし、私の部活で経験した中でも、本番直前に別室で練習していた打楽器パート全員がマイコプラズマ肺炎に罹患して出席停止になってしまい(ほかのパートは全員無事)、急遽卒業生に入ってもらって演奏を乗り切った、なんてことも実際にあった。運動部の大会も次々中止となる中で、吹奏楽部だけが贅沢言うわけにもいかないし、第一、そこからクラスター発生なんてことになれば、それこそ生徒がかわいそうである。最後の大会がふいになってしまって3年生がかわいそう、という声も、それこそそこら中から聞こえてくるが、今何が最優先なのかを考えれば、大会をやることそれ自体が、生徒の不利益になり、生徒がかわいそうなんだ、と思わなければいけない。普通の状況じゃないんだから、別の価値観で物事を考えなければならないんだよね。そういうことさ。
 もちろん頭ではわかっていても、気持ちの方はそうはいかない。これから部活、就中吹奏楽部の活動がどうなるのか、全然読めなくて不安ではあるが、やれることをやるしかないじゃん。まずは6月に入ってからの活動再開、とりわけ仮入部なんかに向けて、消毒用アルコール・次亜塩素酸水・噴霧スプレーとかの準備に手を付けなければね。

テーマ:吹奏楽 - ジャンル:音楽

【 2020/05/10 23:52 】

吹奏楽部顛末記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ロシア機どうなる

 ほとんど10年ぶりに出てきた我がアナトラアナサル。操縦席だけは組み立ててあったので、まずはそれを組み込んでの左右胴体を接着する。ダボとかダボ穴なんか全然ないので、やっとな。みたいな思い切りの良さでやっちまう。
IMG_6461i.jpg
ところが、この胴体、左右で高さが違うんですよ。左側の方が胴体側面の高さが明らかに大きい。これは先が思いやられる困ったキットかもしれない。そもそもコイツ、オーバースケールの疑いがあって、パッケージには1/72とは書いてあるものの、実際のスケールが1/66としているサイトもあって、実際キットの大きさと、ウィキペディアとかインストとかのデータとを比べてみてもややキットの方がでかいのは確かである。

まあ、気を取り直して、次に進む。胴体に下翼を接着する。この飛行機は上反角がないようなのだが、軽く後退翼っぽくなっているので、なんだか左右の翼がダラッと下がっている(下反角)ように見えてかっこ悪い。
IMG_6463i.jpg

しかも、翼と胴体の間に段差ができてしまい、またしても(というか毎回の恒例行事)パテを盛る。
IMG_6462i.jpg
乾くまで先に進めないじゃん。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2020/05/09 23:30 】

Anatra Anasal DS  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫