仕事と日常と模型のつれづれ日記。 勝手なことばかり言ってます。模型についてはHPの補助機能としてメモっとくことが目的。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

Author:petchuunen
Blog Modelers

profile.jpg

zero

伝説の昭和30年代生まれ。
故郷は幕張。
当時幕張は遠浅の砂浜だったのをおぼろげに覚えている。
月光仮面はリアルで見られなかった。
大鵬と柏戸テレビでで見た。
蒸気機関車と友達だった。
プラモデル好き。
中でも複葉機が大好き。
張線張るのがマイブーム。
Nゲージ鉄道模型好き。
だけど最近は休止中。
子供3人。3人とも独立画策中。
職業、中学校音楽教師。つまり学校が平和になるか荒廃してしまうかを司る神官をしているのだが、誰も、このワタシがそういう重要なポストにいる、とは気づいていない。
部活の中でもっとも大量かつ煩雑な仕事を要求される吹奏楽部の顧問。
問題山積。
仕事メチャメチャ忙しい。
金は一文もない。
がんばって模型作りたいのう
増えるばかりで減らないストック。最近の我が腹回りの一進一退の状況を彷彿とさせる。やっぱり意地でもストックは減らすべきであろう。

メインサイト
「Petchuunen世に憚る」
(再開に向けてついに始動。)

このブログの2007年1月から10月までのコンテンツは以前やってたミクシーからの転載。それ以前のものはHPにつけといた掲示板の記録。

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ブロとも申請フォーム

流星その1

FUJIMIの流星ですが…。
ネットで探して取り寄せました。
古いキットだというけれど、私が一旦プラモデルから離れた1981年以降のものだから、私の中では「新しいキット」というくくりだったのですが、なんだかこの排気管、本当なのか、と思わせるクオリティの低さというべきかも、と思ってのスタートとなりました。
(3月6日)
IMG_3175i.jpg

まあでも、飛行機の形まで一応組んでみる。
IMG_3185i.jpg

逆ガル翼のスタイルがおもったより格好いい。大体、逆ガル翼というと、F4UとかJu87とか、そういう無骨というか不格好というかデッサン狂ってる、みたいな飛行機を想像しちゃうが、さすがこの時代の日本機は洗練されたスタイルが他の追随を許さない、って感じです。
IMG_3186i.jpg
いいですね~なかなか。
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/03/15 23:45 】

B7A2  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

烈風11型

烈風11型を完成させた(ことにした)。なかなか物々しい感じになった。
IMG_3154i.jpg

ものすごく大きな飛行機、って感じです。ゼロ戦とツーショットを撮ろうと思って忘れたけど、ゼロ戦って本当に小さい。(コイツと並べると。)大体からして、P47サンダーボルトよりもでかいって、どうなの。巨人機ですよ、もはや。「雷電」みたいに中央部に直径の一番大きなところを持ってくる設計思想もあるらしく、でかい飛行機が一層膨らんで見える。
IMG_3155i.jpg
(塗装はムラだらけだけど、気にしないでね。いい加減なモデリングですから。)

この角度から見ると、紫電改に似てなくもないが、更に頑丈そうな足回りとか、馬鹿でかい落下増槽とか、空母艦載機としての正しい血統を感じることは一応できる。
IMG_3156i.jpg
 
 ゼロ戦と違って、完全な低翼じゃないんですね。
IMG_3157i.jpg

全体的なプロポーションは、やっぱり「頭でっかち」に見える。軽い逆ガル翼もなんだか物々しい。翼面積は97艦攻ばりに広く、翼面荷重とか運動性能・上昇力と他のいろいろとのバランスとかに苦慮した挙句、こんなんなっちゃったのね、というのが見て取れて、それはそれで痛々しいのであります。
IMG_3159i.jpg

 次は、やっぱり衝動買しちゃった「流星」いってみようかと。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/27 23:03 】

A7M  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

ドクターヘリ見ちゃった!

期末試験前の部活停止期間なので、そばを食うだけのために軽井沢へ行った。高速道路は混んでたから254号とかいろんな抜け道みたいなのを伝わって藤岡ICまで行って、そこから一路軽井沢へ。
 んで、美味しいお蕎麦屋さんがあるのを見つけたので、そこにリピーターで行ってお食事をして、帰りがけに18号碓氷バイパスを帰ろうと思ったら、シマムラがあって、家内が寄るというので、駐車場で寝ていたら時ならぬ轟音が!そもそも隣が消防署なので、出動する消防車や救急車がいきなりサイレンを鳴らし始めるので、静かな高原地帯と思いきや、意外に賑やかなんだよな~。
 で、その轟音ですが。何事ならん、と椅子の背もたれを起こしてみてみると、目の前に!
IMG_3140i.jpg
これですよ。間近で見るの初めてだからびっくりしました。

さらに帰りも下の道を進んでいくと、富岡のあたりか、以前に通りかかったときも気になってた古げな建物があったので、今日は近くまで行ってその正体を探ってみた。
IMG_3150i.jpg

なんか、「碓氷社」とかいう会社の社屋で、明治時代に建てられてそのままの状態を保持している、という、市の重要文化財の建物らしい。外壁なんかきれいに補修してある感じだけど、なんだか歪んだ感じのガラス窓とか、レトロ感満載の建物です。
IMG_3143i.jpg

 それから、あっちこっち買い物しながら帰宅しましたとさ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/02/25 22:29 】

物見遊山  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

歪んだデッサンのスーパーゼロ戦

やってます。
今回はマーキングは日の丸だけで、手書きで行こうかと。白で丸い下塗りをしましたよ、と。「試製烈風」じゃなくて、「烈風11型」なので、実戦配備されたらどんな顔になっていたのか、そういう興味を形にしてみたくなったのです。日の丸も「彩雲」を見習って、ちょっと小さめのフチなしでいってみようかと。
IMG_3136i.jpg
でもこの飛行機、格好良くない。
 この飛行機を見ていて思うけど、烈風って、本当にでっかい。緒戦の夢よもう一度、という思いもあったんだろうけど、烈風は烈風であって、「ゼロ戦の再来」ではない。最近、平成のゼロ戦とか、なんちゃらのゼロ戦とかいうキャッチフレーズの飛行機の話が聞かれることがあるけど、あんまりいい傾向とは思えないね~。何でもかんでも何か過去にあったものになぞらえるのって、本質を隠してしまうんじゃないかって感じる。ものを作ってる技術者だって(これはゼロ戦なんかじゃない!俺にはこだわりがある!)みたいな自負心があるはずなのにそういう心を尊重してないようにも感じる。
蒸気機関車が引退する1975年前後にも、猫も杓子もSLだSLだって言っててさ。ちゃんと「蒸気機関車」って言えよ、っての。そうこうするうちに結局、今じゃレールのうえを走るものはすべて、貨物列車でさえも含めて「電車」だもんね。言葉にこだわらなければそういう風になっちゃうんだよ、きっと。嫌だね。)

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/17 23:15 】

A7M  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

スーパー零戦の夢

何やら衝動買いしてしまった烈風を開始してしまった。どんどん不良ストックが増えていく一方だ。いったいどうしちゃったのか。自分自身でもよくわかりませんって。
ということで、ゼロ戦の後継を目指した艦上戦闘機「烈風」ですね。ファインモールドのキットですが、これ、実機同様かなり大味なキットのようだ。
IMG_3056i.jpg
そもそも主翼や尾翼の角度がようきまらない。

どうにかこうにか士の字にしてみたところが、機体下部にとんでもない隙間が生じてしまった。タミヤのパテで埋めようかと。
IMG_3058i.jpg

なんやかんやでエンジンも組んで首を据えてみる。
IMG_3059i.jpg
でかい飛行機である。P47サンダーボルトよりも大きいんじゃないか。もし「誉」の生産がうまくいってて調子もよくて実戦配備されて空母に搭載されたとしても、日本のパイロットがこんなでかい機体を「戦闘機として」操ることができたのだろうか。

何はともあれ、機体の塗装に入る。
IMG_3061i.jpg
うまく完成まで持ち込めたらお慰み。である。何しろここから先はランディングギアなど面倒な部品の処理が開始される。マーキングも今回は全部手書きで行ってみようかと、丸のステンシルを用意してしまった。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/14 00:08 】

A7M  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

航空母艦とは何ぞや

ウォーターラインシリーズなんてものすごく久しぶり。20年以上は離れていたかも。

 最近は我が国も、覇権主義のファシズム国家(つまり隣の大国)との間で、何かときな臭い話題が多く、軍事ネタも以前に比べるとずいぶん目に留まるようになってきた。自分が中学高校の頃なんかはそんな話題を交わす奴らなんかは、内容はともかくただそれだけで「好戦的な軍国主義者」という(当時としては侮蔑的な意味を強く持った)レッテルを貼られて蛇蝎を見るような目で見られたものだったから、隔世の感がある。だがそれがいいことかどうかは別問題。
 で、海上自衛隊の護衛艦も驚くべき進化を遂げて、ついに航空母艦を保有するに至ったわけで、ご同慶の至りである。この間、衝動的に購入しちゃったので、責任を取って?制作を開始したのであります。船体の左右が分かれた構造になっているキットは今回が初めてだったが、想像以上に組み合わせもよく、無事に進水した感じ。
IMG_3052i.jpg

次はさっそく飛行甲板の取り付け。大きな船のようですね。
IMG_3053i.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/05 00:11 】

空母出雲  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

橘花その3

組み立てを進めて塗装も進める。
IMG_3054i.jpg
かなりスマートな設計の飛行機であることがわかる。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/02/03 19:51 】

J9N橘花  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

38年ぶりにインフルエンザ

前の日からヤバい状況。熱が出るときの自分的危険信号で、体に触れている肌着の感触がなんだか嫌な感じになっている。
朝起きたら、完全にアウトの予感。熱測ったら36.8度。平熱が5度6分の人としてはつらい。職場に休むことを伝えて、午前中にお医者さん行ってみたら、インフルエンザのA型なんですと。
木曜日まで休むことになった。点滴してきた。全然状況に変化なし。
いっぱい薬もらってきた。熱下がらない。というかむしろ上がっている。
つらいです。

一日寝ていた。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【 2017/01/30 20:07 】

どっちかというとふつうの日記  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

橘花その2

このキット、機体表面には気を配っているけど、裏側は何も考えてない。翼後端のこの隙間はどこから来るのか。複数の原因があるようで、どうなってるかさえわからない。どうやってこの隙間を解消するのか。
IMG_3026i_20170121111311ddc.jpg
もう削りまくるしかないです。ナイフの刃を立てて、鉋みたいにして削りまくるが、どこをどうしたってさっぱりダメ。

きりがないので、ほどほどのところで我慢して、接着しちゃった。隙間の解消は完全にはできてません。ついでに、エンジンポッドも組んでみたが、案の定、コーンなんかも位置が定まりにくい。何度も言いますけど、日本人の感覚として、これはもはやプラモデルではありません。(もちろん、そこが楽しいんだけどね)
IMG_3027i.jpg
ところが、不思議なことに、あれだけなんやかんやそぎ落としたりなんだりしたのに、翼の上と下を接着してみたら、なぜか実機の特徴の軽いガル翼がちゃんと表れているのです。もはや魔法だ。もう寝る。

朝となって、犬と猫のトイレの掃除をして、水平尾翼もつけてみた。
IMG_3028i.jpg
飛行機の形になった。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

【 2017/01/21 11:20 】

J9N橘花  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |

橘花その1

今年に入ってからひょんなことから神田の地球堂での定点観測を実施したところ、そこで衝動買いしてしまったAZモデルの橘花を作り始めた。
IMG_3020i.jpg
見た感じはなかなかいい感じのキットである。
が、しかし。
IMG_3021i_20170120005012920.jpg
部品の合せは大変です。というより、合わせなんていう概念が存在してないのではないか、このキットの金型を作った人々は。IMG_3022i_20170120005013d19.jpg
機体表面の表現は結構きれいである。また、スジ彫りも繊細でキレイ。
でも、とてもじゃないが組み立てが進捗しない。全部の部品の吟味が必要だ!

でもとりあえず今日はここまでやった。もう寝る。
IMG_3023i.jpg

【 2017/01/20 01:02 】

J9N橘花  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
 | ホーム |  次ページ ≫